« 2016年10月 | Main | 2016年12月 »
人はどう育つ??
先週の大雪は「想定外」でした。その日は北に出張。東北新幹線で北上すると、真っ白の東京の景色から、福島あたりは晴れてきて雪がなくなり、目的地の盛岡は良い天気  いつもと真逆な風景に変な気持ちです(笑)

このところのセミナー続きで、さすがに体も悲鳴をあげつつ、そうは言っていられない状態でとにかく目の前にあるこの仕事を精一杯やろう!自分に言い聞かしていますが、そろそろ年の瀬も近くなり、沢山の方と出会って感じることは、どんな人も能力に大差はないけど、何が違うかって言ったら、しっかりやり遂げられる人といい加減になってしまう人の違い。。ということ

そして、ここのところ「丁寧な生き方」という言葉を使う人が増えてきている気がします。だからでしょう、本当に大事なものを大切に使い無駄なことはしない。自分の感性にあった生き方をする。使い捨て消費は避けたい。。このことが小売店舗にとっても影響していると思います。先程のしっかりやり遂げられる人といい加減になってしまう人の違い。以前聞いた言葉でハーバード式 仕事の道具論で 「悪くない戦略が見事に実行されたとしたら、完璧な戦略が いい加減に実行された時より十中八九より成果をもたらす」という一文を読みメモに記しました。
ちゃんとやる・深く耕す・掘り下げる・・一つ一つの意味をしっかり理解し基本をしっかり学ぶ なんか学校の先生のようになってしましましたが、ここが人を育てるところの根っこのところ!!大切です!!

大人気の再ブレイク!ティファニーのクリスマス
see you
 2016/11/28 09:09  この記事のURL  / 

伝えることの難しさ
最近、研修・セミナー・講義で、うるさく繰り返し言ってることがあります。それは「話し方と言葉の使い方」。マナー講師ではないので、なんで言葉遣いなんていちいち言うんだろう・・なんて思っている人もいるかもしれません。というか私自身なんて「丁寧な言葉遣い」出来てないことしょっちゅうです(笑)
ここで言う「言葉遣い」とは伝え方の話です。多少言葉遣いが乱暴でも、相手に伝わることが大事。小売り業、サービス業は毎日沢山のお客様と話をしています。一部上場会社の頭の良い人達ばかり相手にしているわけではなく、老若男女、年齢も様々。そんな人に分かりやすく伝えることの基本は、「相手の立場になって話す」ことだと思います。

とかく、、と言っちゃいけないのですが、若い人の多くは気働きが出来ない人が多い。気がまわる=気を遣うのではありません。これも相手の立場になって考えることが出来る人だと思います。じゃあ何で講義や研修の時にこんな話をしているのか・・・アウトプットが大事だからです。知行合一(真に知ることは必ず実行を伴う)私の好きな言葉ですが、知ってるだけでは意味がなく、やってからこそ意味がある。だから実行するとき、どう伝えるかが大事で自分の言葉で本質を受け止め伝える力が必要だと思うからです

同じ言葉でも意味をよくりかいして使っている人とそうでない人とは、大きな違いがあります。一番大きな違いは「かみ砕いて説明できない」ことだと思います。わからない人わかりやすく説明できる人が本当に知っている人。先日のPCの問題で困ったとき、電話応対した某大手PCの人は全くそれが出来ていなかった。だから余計こんがらがってしまいました。。。
伝えることの大切さ、かなり重要です!!
今年もクリスマスツリー展開時期となりました!
see you
 2016/11/21 09:17  この記事のURL  / 

以心伝心
まさかと思うことがどんどん起きています。先週の世界の動きは大変でした・・誰もが想定外の印象を持ったのでしょう
混沌とした世の中、不確実性の世の中、来年元旦の新聞の見出しが想像されます

そんな中、昨日私は東京国立博物館で開催中の「 臨済禅師1150年・白隠禅師250年遠諱記念 特別展「禅―心をかたちに―」」を鑑賞してきました。直指人心見性成仏 と書かれていた禅語。意味は少し難しいのですが、真理は自己の心の外にあるのではなく,自己の心のなかにこそ発見される,真理であるその自己の本性をみるならば,仏となることができる,という意味だそうです。

なんですっと心に響いたかというと、最後は自分にしっかり向き合わなければいけない、決めるのは自分で、こうなっている事態も自分が判断したから・・そんな思いをかきたてられたからです
今ブームになっている禅。なんてとても難しいけど、これからの時代を生きていくのに必要な心の訓練・鍛錬になるからなのでしょう、、、
秋の夜長、今晩はスーパームーンは残念ながら見えないようですが、しばし瞑想もいいかもしれません。
see you
 2016/11/14 08:34  この記事のURL  / 

フェイス to フェイスの重要性
急に冬らしくなって、今月は数字もそこそこ頑張ってる! という声を多く聞きます。アパレルに限らず小売りは天候や気温に左右されるもの、ヒシヒシと感じます。
さてさて私は最近 自分のPCトラブルでかなりへこみ中です。。。。普段当たり前にやっていることが出来なくなるのは本当に大変。ネットもそうですが、ITに慣れて生活をしていて急にネットが繋がらないところに行くと困り果てるものです

私の場合、契約ているPCサポートに電話で相談したり、パソコン上での遠隔操作をやってもらったりと、それなりに依頼しました。。。大手ソフト会社様、私は一言いいたい!「電話サポートの質を上げてください」と・・・・都度都度担当者が変わる いわゆるたらい回し状態に、私よりPCスキル低くない??って疑うほどレベルの低いサポート内容。
挙句の果てには「うちではわかりません」の開き直りと。。これってどうなのよとアンケート調査で送りつけたいと思う怒りを心に閉じ込め、こんな会社を信じた私がいけなかった という反省の気持ちです
結局、埒が明かなかった私は、大手家電店舗でメーカー派遣のスタッフに相談に行きました。もちろんただの相談なので、忙しければ門前払いされるとは思いましたが、ダメもとで行ってみると、意外なまでに「良心的な対応」をしてくれるんです

最初は??の顔をされましたが、とても困っている事を告げると、出来る範囲で誠意をもって答えてくれたのです。電話口での対応と、フェイスtoフェイスの対応ってこんなに違うんだって心より思いました。ニュアンスというものは言葉だけではわからない、ましてITトラブルのような専門的な内容だと、もともとのスキルが違う人同士で話すわけなので伝え方が難しい。
ネットがこんなに発達しても、最後は人と人のリアルなコミュニケーションが決めてです

今日から立冬。季節感を感じるディスプレイはリアル店舗ならではですね〜
see you
 2016/11/07 08:22  この記事のURL  / 

プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧