« 2016年07月 | Main | 2016年09月 »
学ぶということ
先週は福井大野市で雇用促進のための研修全四回開催し無事終了しました。知らない寺院や風景・土地柄を初めて訪ねることは新しいことを知ることと同じで、とても楽しいものです不思議なもので、学生の頃は毎日の勉強は嫌で嫌で、単位を取るために勉強していたという思いでばかりです。大学生を見ていても、「目的意識がない」学生が多いなぁと感じることがあります。自分自身もそうであったように、若いころから目的が明確にあるなんて、そんなにたくさんいるわけではないでしょう、、、

ところが年を重ね、いわゆる「シニア」と呼ばれるような年回りになると、また「勉強したくなる」そういう人が周りに多い!!いいことです。年をとっても勉強したいと思う気持ちはとても大事。そしてそこに大きな目的がなくても、学んだ事柄の中から、新しい知識の扉が開けられるから最近やたら目立つ文化教室も、人気が高い理由がわかります

これは学ぶということだけの話ではなく、仕事においても同じ。仕事をしていて気が付くと、どうしても自分のパターンができてくる。やりやすい環境と気心知れる人に囲まれて仕事をすると、いつのまにか、変化が怖くなり進化が止まってしまう、、新しいことを受け入れる耳が閉ざされてしまう。気が付けば実は多くの人が、こんな経験あると思います

だから新しいことを「学ぶ」ということは自身のリセットもかねて大事!そのためにも、人の意見、自分が考えていなかったことを受け入れる心の余裕は大切ですね

see you
BOSEのウインドウ
 2016/08/30 15:27  この記事のURL  / 

世の中は変わっているのに・・
オリンピックも終わり、甲子園も終わり、あっという間にこの夏も終わりです台風が来て去っていくと、きっと秋の風に包まれるのでしょう、、
いろいろあるけど間違いなく時は過ぎ、どんどん世の中の志向・価値観も変わっています
2020年の東京オリンピックの時に世愛華はどんなに変わっているのか、たぶん間違いなく「IT化」が加速し「人工知能」がサービスの主流になっているのでしょう

こんなことは、考えればずっと前から言われいました、新聞にもスマホニュースにも沢山出ていて、ついでに「IT化の流れにとって代わる職業・消える職業」なんていう記事も色々なところで見かけました意外なまでに、人が本来やらなくてはいけない「サービス」「心使い」「傾聴力」は大事で、どんなにAI化しても、最後の肝は人間の心が大事といわれています。上手にITを使い、サービスの効率化を目指すか と競っていると思います

片方では、こんな世の中になるとわかっていても、構造的・仕組み的・そしてビジネスモデル自体を変革できない会社も沢山あります。もしかしたら、その一つとしてGMS・百貨店業界などがあるのでしょう。模索しながらやってはいるが、目立った「改善」が見られない。
なぜなのか・・
きっと改善が手直し終わっていて「改革」になっていないからなのでしょう、リノベーションとイノベーションの違いですね
既にあるものをプラスの方向にむかわせる方法と、全く新しいものをプラス方向に向かわせる方法は、似ているようで全く違うものです
どうしても「既成事実・過去の栄光」もっというと「前年比」という呪縛から脱却できずにいる・・

2020年まであと4年、あっという間に、もつと世の中が変わります。小売りは変化対応業。自身も変化を怖がらずやっていきたいものです!!

see you
ずっと変わらないのも素敵!鶴の湯 秘境の温泉

 2016/08/22 09:04  この記事のURL  / 

地方再生と、わざわざ行きたい店
お盆休みで地元に久しぶりに戻る人も多い時期。一年ぶりに見た地方都市の姿を見て「都市の衰退」を改めて感じる人も多いと思います
私も一年ぶりに行った地方都市の撃沈ぷりに、政府がこぞって言う「地方創生」の急務と切実な思いを目の当たりにしました

どうすれば地方が活気づき、人が集まるのか、若い人が働くところがない、産業がない、働く場がないからそこに市場が生まれない、だから「働く場をつくる」。。この図式ずっと言われてきました。多額の補助金を使い、いわゆねる「町おこし」にお金を使い、どちらかというと「箱もの」を作ってきた。

ところがこの数年、そういうトップダウン的な活動から、まだ小さな変化かもしれないけど、インスタやSNSで知った、その地方のファンが増えてきた!!今回も意外な観光地が人気だった理由を知ると、一枚のインスタの写真。こんな一枚の写真の効果で、団体バスがツアーを組むほど人気になった場所がある

これって店舗も商業施設も全く同じある大学で「今一番かっこいいと思う店は?」と問うた設問で、なんと私が全く知らない店が三分の一ほどありました。特にびっくりしたのは、最近はやりの「電車も通っていない、超過疎地に出来たライフスタイルショップ、(セレクトショップ)」そこをSNSで知り「わざわざ行く」ことがかっこいい んだそうです

世界に一つの花を終わりそうですが、まさしくみんなと一緒に歩く時代から「私が歩きたい道」を歩く時代が今。だからそこに共感してくれる。身の丈にあった自分らしい店づくりをしていきたいものです!

see you
 2016/08/15 08:34  この記事のURL  / 

変化対応業とは
オリンピックが始まり、甲子園高校野球も始まりましたそして早いものです、昨日は立秋。秋の気配が現れてくる日。残暑見舞い申し上げます と秋の気配を感じるころなのです本当に時の流れは早い。だから毎日をちゃんと生きてかないと、、って感じです

今朝の日経の春秋に、時がたつのは早い。。って感じる記事がありました。引用すると「海外有名ブランドの偏重。若い消費者へのおもねり。お粗末極まるサービス。こうした間違いが今の業績不振を招いた――。24年前の秋、当時の西武百貨店が発行した社内報はビジネス界に衝撃を与えた。現役の会長自らが、自社の欠点を赤裸々に指摘していたからだ・・」
その西武そごうは、9月以降、旭川市や柏市などの店を閉じる。おもねり という言葉、他人のきげんを取って、気にいられようとすること。追従すること。へつらうこと。おべっかをつかうこと。 そうなんだ、、若い消費者におべっかを使っていたのか、、と改めて思います。

追随するように日経MJでは、この二年で大手アパレルが1600店閉鎖という記事。服が売れないそうです。わかっているようで、実は本当に危機感をもって対処していなかった結果。というと、あまりにキツイ言い方かもしれませんが、まるで茹でガエルのように、少しずつの変化は中にいる人にとってし「変化に鈍感になる」ということだと思います

季節が変わりに敏感になり、感受性を信じていることこそが「変化対応業」に最も必要な才能だと改めて思います

世界の風景。こんな素敵な建物が世界には沢山あるんですね!

see you
 2016/08/08 07:48  この記事のURL  / 

ぶれない ということ
昨日の天気は不思議でした晴れたかと思うと、突然大雨、、そしてまた晴れてなんか今の目まぐるしく変わる世の中みたい・・・
都知事選で大差で破り、初当選を果たした初の女性都知事の誕生。でも都知事が3代続けて任期途中で辞職したこと、なんか遠い昔のように感じ、いかんいかんって気持ちになります。

小売り業界も先日まであんなに盛り上がってた「インバウンド」に「高級志向」が最近では、安さがまたキーワードになっている。。。
あまり新聞やマスコミに踊らされないよう、自分自身も反省ですなにを反省か、、やっぱり自分を信じるということ。自分の強い信念・理念があれば、どんなことが起きようと「どこ吹く風」のはず

もちろん世の中を俯瞰的に見てマーケットの変動を読むことは大事。だけど心の心理を信じ「自分がどんな生き方をしたいのか」がしっかりあれば、ぶれない!!
ぶれない経営。本当に大事です。ここはオーナー会社で成功事例沢山みてきました!
どんな会社にしたいのか、しっかりとしたビジョン・ミッションがある時として 賛否両論があったとしても、腹の座り方が違うのは確か

さてさて八月、いよいよ秋商戦がはじまります、マーケットはまた動きそうだけど、ぶれないでやっていきたいものです!!

夏まっさかりのウインドウディスプレイ
see you



 2016/08/01 08:21  この記事のURL  / 

プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧