« 2016年03月 | Main | 2016年05月 »
まだ沢山ある店で出来ること
どうやら個人消費がいまいちかんばしくないらしい・・「いくらでも買うわ」という顧客層はまだまだ沢山いるけれど、一般的なボリュームゾーンの客層はどうも「買いたいもの」がないのか、それとも買う気分ではないのか・・・
実を言うと私も同じ。何か欲しいものがあるときのほうが「うきうき」するけど、そんなに無いからショッピングしててもつまらない

今朝の日経に掲載されていた「消費喚起「官製セール」浮上 「庶民に響く大義」出せるか・・と言う記事。どうやら本気で アメリカのようなブラックフライデーをしたらどうか、と浮上しているようです。ブラックというとなにやら?と思うけど、言葉の由来は商品が売れまくり店の経営が黒字になることから命名されたようです。


果たしてセールをしたら売れるのか、とりあえずは売れるでしょうね、、でもその反動もねぇと思うお店の方、多いですね
それより何より、そんなことまでして消費せなあかん というのもどうかと思います
本当は商品との出会いって もっと感動的で「楽しくなくちゃ」いけないもの
だからお店の商品をもつと語らないと駄目よね
今の時代、何でもあるから「買った理由」が欲しい これがほんとの意味での大義だとおもうけどなぁ・・
まだまだ店でやれること多いですね

瓶がはめこめられた意匠のような壁面はアイデアですね
see you
 2016/04/25 10:55  この記事のURL  / 

努力は必ず報われる
ほんとうに大変な事態となってしまいました。。いつどこで起きるか分からない災害。未来は誰も読めないとはいえ、早くおさまってくれることを願うばかりです。
人は自然の前では、こんなにも小さな存在だと思うばかりです。

「今という時間の延長線上にしか未来はない」先日聞いた言葉で「ふむふむ」と頷いた言葉です人生の指南書、ノウハウ本、沢山の著名な著者の方たちのことばにも、似通った言い回しが沢山あります。
先週、ちょっと気が重かった講演会があり、いい意味でのプレッシャーでしたが、何百回も講演している私も「今日は良かった、今日はイマイチ・・」ということがあります。それこそ一日3回の講演で、一回目は良くても2回目は×みたいなことも・・・

それは色んな要因があります。受講者との温度差、開催の時間など。ただ思うことは、いかに無心になり「集中するか」この一言でしかないのです
武道の世界と同じかも!いろいろ画策しても、その一瞬をどう立ち振る舞うかは、その場面の集中しかない。これは先ほどの「今という時間の延長線上にしか未来はない」
そう、今を一生懸命する以外は明日はない ということなんです

 偶然乗車
see you
 2016/04/18 09:29  この記事のURL  / 

びっくりした電撃引退!
先週の一番のびっくりポンはセブン&アイHD会長 鈴木氏の電撃引退でした!!何が起きた?って感じですよねなんか雲の上のような存在の人が、普通の人に思えてしまった という風に感じた方も多かったと思います一寸先は闇です・・・・・

流通業・小売業はやっぱり現場が大事って思います。仕組み・まさしくビジネスモデルを作った鈴木氏の存在は絶大すぎますが、現場で日々継続していくのは本当に大変なことだと思います。最近はコンビニに限らず、携帯販売代理店などさまざまな窓口で、本業以外の商品、サービスも多く取り扱うようになって来ました

コンビにでも、商品以外に宅配便や公共料金承りなど、覚えることやらなくちゃいけないことが山のよう。それを手際よく、なおかつ常に生産性アップを望まれる
CSよりESを!なんて言葉はずいぶん前に聞きましたが、本気で従業員に従業員満足を与えている会社はどのぐらいあるのでしょう
要するに、小売業界でますます課題になるのは、第一線で働いている人たちの゛働きがいや満足゛を考えていく必要があると思います

先日、ファッションワールド東京 ビックサイトで講演をやらせてもらいました。VMD成功の極意と題しましたがおかげさまで沢山の方に聴講いただきました
その後聴講してくれた方たちとの会話のなかで、現場で教えるのは大変 という話をいく数人の方から伺い、教育、エドュケーションの重要さ ますます感じたところです
新年度になり新しい人たちが入ったときこそいい機会!まずは自分自身のモチベーションを上げて売場に立つことからスタートですね


see you

 2016/04/11 08:27  この記事のURL  / 

企業の栄枯衰退と価値創造
春の商業施設オープンラッシュとなりました。過剰気味と言われた商業施設、と言われてもオリンピックに向けてまだ続々と新規開業が続くようです
ますます激化する商業数字といつたところでしょう。そんな中、先月新聞に出ていた、ある百貨店の終了の記事。「ドンキホーテホールディングスはダイシン百貨店(東京・大田)を買収」

ダイシン百貨店は顧客の要望があれば何でもそろえることをうたい、他店では珍しくなった商品もそろえ、漬物の種類が多かったり、店内に椅子を置いたりして高齢者に人気と一時はテレビで特集もされたほどでした。客の立場にたった経営に感動した人もおおかったはず
そして、6月末に総合スーパー「MEGAドン・キホーテ」として開店するということ
ここでまた新しい価値創造に生まれ変わるんですね・・

時代のスピードが本当に速い。新店開業の際は物見遊山で来店したお客様も、あっという間に飽きてしまい、厳しい結果となる店も沢山あります。ブームになるということは、片方で大変なリスクを抱えているということなんでしょう

これからの小売はどうしていけばいいのか、「身の丈」分相応とでもいうのでしょうか、それこそが「お客様視点」で地に足をつけたことをしっかりやること意外、ないのかもしれません。今日いらしたお客様を大事にすることしか、ないのかもしれません

 瀬戸内国際芸術祭と伊勢丹がコラボ!新しい価値の創造ですね
see you

 2016/04/04 09:15  この記事のURL  / 

プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧