« 2015年04月 | Main | 2015年06月 »
素敵な大人になるために
先週は東京経済大学にてVMD講義をさせていただきましたこうやって様々な大学に行けるのは、とっても幸せです。まさかこの年になって、大学巡りをするとは思いませんでした。
大学の講座のテーマは、もちろんVMDです。なんで大学生がそんな講義を聴くのか、、今の大学は産学連携など様々なテーマの学びがあり、その中の一環としてのひとコマになります!
今年の大学生の印象は「真面目」!もちろん中には《寝てたり、喋ったり)している子いますけど、いたって真剣に聞いてくれています。私のころとはえらい違い!
そんな中、よく学生に質問されるのが「どうやったら、そういう仕事に着く事が出来るのか」という問い。
まだ社会に出ていない人たちに、社会の厳しさをうたってもしかたないけど、とりあえず私がいつも言うのは、「若いころは沢山現場で失敗して学ぶこと」「難しい学問を沢山学のも大事だけど、今起きているフィールドマーケティングを肌で感じるのが一番」「是非現場に出てほしい」と言っています
自分がそうだったからなんて、歳より臭い事は言いたくないけど、やっぱりどんな大変な事があっても、その苦労がいつかは報われる!
そう言い聞かせてる感ははありますが、私は心底そう思います!
なんだかわかりますか??ふすま 引き手です!素敵!
see you
 2015/05/24 18:50  この記事のURL  / 

褒めて育てる!
最近、今年の新入社員が現場で活躍している姿を多く見かけます不思議なもので、名札に(新人)と書いてなくても、なんとなくその姿立ち居振る舞いで(新人さん)とわかるのが面白い(笑)良い意味で初々しくて嫌では無いです! 特に接客業などに従事している方は、「一生懸命さ」が好感度につながる事も多いのでは、、先日ある企業での指導の際、新人さんのその笑顔がとてもよく、褒めると、目をキラキラさせて喜んでいました!叱る指導と褒める指導、この話題は多くの企業でも「褒める」事を重視しようといわれています。最近の風潮が褒めて伸ばすブームをあおっているようです
本当にそれが正しいのか、定かではないですが、対象を新人さんに限らず「中堅以上」の人に対してもとても効果がある。と私は思っています。
立場が上になればなるほど「褒められる機会」は少なくなる。極論は社長クラス「だれが褒めるの?」ですよね、、でも最近の店長やマネージャークラスは年齢も若い人が多く、おとなこどもしている人が多い、だから心が折れやすい。
そういう人達への治療薬が褒める指導だとも思います。自信をつけてあげることで、また新しい葉っぱ、目を出す人が多い。
みんなで褒める機会を作る研修、以前やりましたが、あながち悪くなかったです♪
 茶摘みに新茶づくり 体験しました!
see you
 2015/05/18 08:35  この記事のURL  / 

同志社大学VMD講座を終えて
この週末は京都で豊かな時間を過ごせました、はじまりは同志社大学でのVMD講座。これで3回目となる講座は私にとっても刺激的でたのしみな講座です。多くの学生はVMDという単語を初めて聞き、意味を理解すると一様に「面白い、なるほどと思う」などその大切さを理解してくれます。この講座の場合生徒たちとのキャッチボール(質疑応答)の時間も楽しいモノです。あの環境、あの立地で学べる学生は羨ましい。とても素晴らしい学校ですね
さて今回のもうひとつの楽しみは春の「京都非公開文化財特別公開」を見ること。昨日で終了のため駆け足で回りましたが、どこも素晴らしかった。GW後、今度の週末の葵祭との間の日で比較的人も多くなく散策にはうってつけ
京都は行けばいくほど深くなる、、知らない事がこんなに沢山あると気づかされる場所です。そして歳をとるほど好きになる場所。茶道を始めた私にとって「日本文化」を知ることは京都を知ること見たいな感じなんでしょうか。次回は鱧を食べに行きたいと思います
美味しかったあぶり餅。東福寺 青紅葉
see you
 2015/05/11 09:09  この記事のURL  / 

礼節のある人
ゴールデンウイークまっただ中です天気もいいし外出にはうってつけ!私はウォーキングに旅行にと一日1万歩達成中
さて、平日の飛行機内 空港の風景とGWの風景は違います。平日は静かな博物館や美術館もこの時期はいつもと違う雰囲気に様変わり。きっとお店の人もいつもの静寂さとは違い大わらわと言ったところでしょう
私は日ごろから美術館巡りは大好きですが、こう人が多いとやっぱり人に酔ってしまう感じで好きではありません、特に感じるのが「礼節のない人」を多く見かけることです
堅い言葉で恐縮ですが、礼節という言葉 最近好きでよく使っています、礼節とは辞書で調べると「社会生活の秩序を保つために必要とされる行動・作法。礼儀。」とありますが、日本人特有の良いところ=DNAだと思います。最近海外に行く機会が増えると、これとても感じます。
ところがです、このよいDNAが失いかけてる場面によく遭遇します。。これは建築やデザインも同様で、かつてバウハウス時代にモホリ=ナギが、「デザインとは社会に対する態度である」と語ったように、デザインが社会における作法、つまり社会的秩序の形成に直結しているとみなすようなことができる という意味なんです
公共の場は当たり前ですが、一流サービスをうたった場所でこういった事に遭遇すると閉口してしまいます
知識も大事ですが、日本人の持つ素晴らしい心を大切にしたいものです
鳩山会館のステンドグラス。鳩山家の建物はやはりスゴイ!!
see you
 2015/05/04 16:38  この記事のURL  / 

プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧