« 2015年02月 | Main | 2015年04月 »
オーラがある人
最近は、いわゆる「ラグジュアリー」の部類に入るブランド、店舗の仕事が増え、自分自身も「憧れの環境」に身を委ねることが増えました。20代では、いくらお金を持っていても醸し出すオーラから無理くりさが出ますが、ある程度年を重ねると、自然に環境に溶け込むことが出来るようになってきます。しかし、若くしてそういった店舗で働いている人は、自身の私生活のレベルとお客様のレベルが乖離し、ぎこちなさが漂ってくる販売員をよくみかけます。
ても若い人の中でも、自然に体から品のよいオーラが出る人、凛としている人もいます。何が違うのか、、、けして美人でなくてもきれいに見える人いますよね。
身なりももちろん大事ですが、それ以上に感じるのは「言葉づかい」と「話し方」の気がしますユーモアのセンスも大事です。特に外国の方達はウィットにとんだ会話が上手い!
そして、言葉づかい。いわゆる「うっそー」「ほんとですか」という文言はありえませんが、丁寧な言葉使いが自然出る人は、育ちの良さを感じます。お客様に媚びず、自然な提案が出来るのは「相手へのおもいやり」が心底なければできません
企業では、よくこういったスキル習得に「マナー研修」参加を提案します。一つの答えとして研修に参加することもありですが、一番は日々の生活の中で培っていくことです。
不思議なことに人は変わります。「こうなりたい」という意思が固ければ上手くいく!!
明日から4月!季節がかわり年度が変わる。ついでに自分も進化したいです
今日のお堀の桜は満開!
see you
 2015/03/31 13:38  この記事のURL  / 

こんな接客はいらない
出張中に時間があると、出来るだけリサーチを兼ねて、いろいろな場所に訪れています。先週は九州・関西と巡業でしたが、東京以上にお洒落な店が沢山あって、ホント見ていて楽しい!
でも「あの接客さえなければ買ってたのに・・」っていう光景が多々ありました。。この春も新しいプラント登場で、間違えなく読みにくい店名にロゴ書体、どのぐらいの人がこの店をちゃんと読めるんだろう、、って心配しそうな店名。でもそのお店はとっても可愛かったんで、店内に入るとどうやらセレクトショップ。中には可愛い若い女の子のスタッフ。
私みたいにずーずーしく声掛けちゃう人は少ないのか、知りませんが、、この店なんていう店なんですか?って聞くと「○○○です」と答えた彼女。私は「そうなんだ、知らなかった」というと「ホントですか?」っという返事。まずここから私はカチンときてしまいました。そんなに有名なんか!!!って思いますよね!知らないから聞いてるのに、、
最近思うのは、販売員さんは「知ってて当然」、そして最近のお客様は販売員さん以上にブランド背景知っている人多くなりました、うんちく語れる人も多いです。でも「知らない人」もいることが大前提ですよね。。「わかりやすい説明」って大事だと思いますよ!
まして自分より年上のお客様に「知らないんだー」的な発言は二度とその店では買いません ということになりかねません、、まあ難しいです、接客って。。
一目ぼれで購入したのは「手燭行灯」すごーい素敵!
see you
 2015/03/22 22:04  この記事のURL  / 

サービスは知恵
あのスティーブジョブズの定宿でもあった京都最古の旅館俵屋の特集番組が先日ありました。昨日ビデオで見て「感動」!!「真髄」「これが原点」
先週一週間中国に居た私にとって「日本」の素晴らしさを再確認昨年2月から丸1年にわたって密着したと言うからスゴイ。女将が「もてなしは心ではなく知恵」と言い切る通り、何気ないしつらいが持つ意味や坪庭に込められた思いには感動!サービスは環境・空間ともいう女将の思いはごもっともだと思います。うすっぺらい「ありがとうございます」の連呼より、あの空間に入り一瞬でお客様の好みをかぎ分けるセンス。
中国で仕事をしていると、サービスを説明するのはとても難しい、、というか無理だと思う。やったとしても「マニュアル通り」。相手の立場に立つという考えが出来なければ、サービスなんて絶対無理・・ということは、沢山やってる販売研修も、その神髄を理解しなければやっても意味が無い、という事??!まずは形から入るか・・・・
俵屋 旅館
see you
 2015/03/16 14:52  この記事のURL  / 

やっぱりVMDはかなり大事!
先日、東京ビックサイトで開催された日経メッセ内の商環境セミナー「バーニーズ流ストアづくりとは何か」を聴講する機会がありました。バーニーズがブランド価値を高く維持していくための環境についてのお話しでしたが、いたるところで「商品、商品政策を魅力的に伝えるためにかけるエネルギーは並大抵な事ではない」といったとても刺激的なお話しがありました
今の日本で、陳列が乱れているとか、店内が汚れているなどのクレームはそうないと思います。(中国なりまだしも・・・)だからこそ、ちょつとのアンチョコなディスプレイや見せ方では顧客の心は動かないし、まして「サプライズ」なんてとても難しいのでしょう。
様々な場所でリアル店舗が生き残るために。といったテーマが語られています、この話題じたいすでにどうかと思いますが、生き残るのではなく共に生きるでしけどね
私の今回のタイトルどおり、商品の価値をどう伝えるかを学ぶには、商品そのものを理解する必要があるということです。これには両面あると私は思っています。私の仕事は最近は脱アパレルで住空間からアメニティまで幅広くなりましだが、全てにおいて、提供する価値が何かを探るところから始まります。。実はそこがとても大事で、あまりにその商品を知り過ぎている、または大好き過ぎると、恋は盲目ではないですが(笑)片方の視点しか見え無くなってしまうのです。だから冷静に客観的に「提供する価値」を見さだねねフォーカスを絞ります。
VMDが大事というのは、この見せ方で商品が良くも悪くもになってしまうからだからです!
プロとしての目、一消費者としての目、両目を上手に使う事ですね
今月の販促会議の「売れる店頭 新発想のディスプレイ・演出」で、記事掲載されました!
see you

 2015/03/08 10:13  この記事のURL  / 

日本の百貨店の評価は高い!
春節も終わり、アジア系のお客様が減ってきたかな。と思っていたけど、なんてことない!首都圏のSC ・百貨店はかなりの数のインバウンド様様のお客様で大賑わいいいことです!最も閑散するこの時期に賑わうっていうのは
片方では中国出張が多い私にとってエアーがスゴイ値上がりしていて厳しいですが。。
さて昨日は中国のお客様を都内の百貨店にアテンドし買い物ツアーをしました、感想を聞くと、やっぱり日本は清潔、綺麗、雰囲気がいい!何やら質問されたのは、よく名札の下につける企業のキャッチフレーズの意味!? いつも当たり前にしていたこういう一つ一つがあちらの国の方から見ると「すごい」「びっくり」という事になるのでしょう!
そして、言ってたのは「中国は百貨店が今一つだけど、日本の百貨店はレベルが高い!接客が好い!雰囲気が好い」と大絶賛です。
そりゃあそうですよね、アジア圏と比較し日本の百貨店のお客様第一主義はびっくりですよ!
百貨店の仕事に長く関わり、いつも辛口意見ばかり言ってた私は、久しぶりにご満悦な気分になってしまいました!!やっぱりいいとこ沢山あります。日本の百貨店
うちの盆栽桜は満開です!
see you
 2015/03/01 17:27  この記事のURL  / 

プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧