« 2014年09月 | Main | 2014年11月 »
人の話を聞かない人
.昔の自分を思い出すと、今、私がこんな事いうなんて恐ろしくなることが多々あります!理由は学校卒業後社会人になったころの自分は、かなりの劣等生。。。上長の話は聞かず、怒られているのに、またその話も聞かず、ぶっ倒されそうになったことも
こんな事とは「人の話を聞かない人が多くなった」ということ。今だからそう思うのかもしれません。でも自分はいつからちゃんと聞けるようになったのか。。。それを考えると、やはり相当上長や周りの人に怒られながら、変わっていったと思います
昔は(というと年寄りのように見えて嫌ですが)、怒られることが多かった。まわりに大人がたくさんいたし、たまにはお客さんに怒られたこともあった。今は直接怒られず「クレーム」という言葉であとから言われることも多い。そして周りの人も、あまり他人に対して興味、、かかわりたくなて人が多くなった。面倒くさいし、人間関係崩したくない。  私もある意味そういう時あります。
しかし しかし それじゃあダメだと、力振り絞って言いまくることにしています。。特に仕事では ねっ 人の話が聞けない理由に、もう一つ理由があると思います。それは話す人の話が面白くない、、!迫力がない、、その人自身に信頼性がない、、とまあ色々あります
だけどやっぱり、仕事なんだから、特に販売職に就いている人は、ちゃんと相手の話を聞く力をつけましょう!!!!
言葉がなくても通じるのがディスプレイ!
see you
 2014/10/26 21:46  この記事のURL  / 

VMD研修の内容
ここのところ毎日のように、研修・セミナー・講義と喋り続けていますが、最近私の講義はすぐ脱線してしまいます
何で??と思う方・・それは話がというか言葉が通じない事が多くなったからなんです!!けして受講者の方のレベルが低いとか言っているわけではなく、、平たく言うと「以前小売業にというか販売業に従事していた際に使用する共通言語が通じなくなってきている」のです
私は講義の中でよく「共通言語」の話をします。これはマネジメントに必須であり、コミュニケーションをとる唯一のツールだからです。
たまたま昨日の日経に「言葉で伝える力を磨こう」とシンポジウムの記事が掲載されていました。小学校の教育現場でも、算数や理科を学ぶにも、国語の読解力がないと学ぶ以前になってしまう・・・という事をここ数年 教育現場でよくとりあげられています。
まさに同じ事で、VMDの講義をしていても、言葉が通じないと、当然ながら理解できない。分からないことを恥ずかしいと思う若い人が多いので、そのままスルーしてしまい、結局講座内容自体が「おもしろくないもの」になっていく・・
負のスパイラルです。。怖いのが、こういう人達が売り場に出て接客している。。大丈夫??という状態なのです。ゆえに最近の私の講義は国語の先生半分、常識言葉半分 といつも時間内に納められず、ご迷惑をおかけしてしまうという状況です。。
言えることは、分からないことな疑問を持つ。いつも心に?をもつと本質がわかるようになる。まずはそこからですかね・・・・
ディスプレイは言葉で通じなくても伝える視覚的効果!これ見ただけで秋の収穫に感謝し七五三を祝う時期とわかりますよね!
see you
 2014/10/20 08:56  この記事のURL  / 

付加価値を生む接客
またまたの台風です!先週の台風到来時も電車がストップし足止めとなった境遇を学び、今回は明日の地方研修に向け、早めに現地に行ってホテルで過ごそうと思っています!
さて昨日は東京はそこそこの天気で秋の散策としては過ごしやすい日でした!久しぶりに近くに散策し帰りに上野に寄った時です!
上野の森美術館で開催中のボストン美術館浮世絵名品展 北斎を鑑賞しようと行ったけれど・・・あー案の定り40分待ち・・・断念しとことこ歩くと公園内で大きく「陶器市」をやっているじゃないですか全国の陶芸品を集めたかなりおおきなイベントらしく早速探検です!
信楽焼に有田焼にとものすごい出品数の中で、たまたま目を引いたのが始めてみた「砥部焼」ツーの方は知る人ぞ知る。。といった感じなのでしようが、初心者の私は「何??」と思っていたところ、そのブースの主人(おじいちゃん)が演説です!!ファッション販売で言うと声だしでしょうか(笑) そのセールストークがなかなかいい!!というかわかりやすい!!
私はその主人の隣でずっと話を聞きメモまでしてしまいました!言ってたことは商品の背景や柄の話し、笑えたのは砥部焼じたい全てハンドメイドで希少価値が高いため思ったより値段が高い。。そこを「安いモノはそれなりで高いモノは高いなりに訳がある」と言いきっていました。。。
例えばこの柄は「赤まんま」という雑草で昔はいろいろな所に生えていた。赤まんまは吉の柄で「食うに困らない」と食べ物に困らない人生を過ごせるとか・・・
話しを聞いていた人は続々と購入していく!!そして私も湯のみと小皿を買い、しめて一万円
主人に(これ買います)というと、主人いわく「焼き物は出会いだからね」
ですって・・・最後まで付加価値をつけて話してくれました♪
赤とんぼの柄は「後戻りしない」そうです
see you
 2014/10/13 10:04  この記事のURL  / 

「知恵は地域にあり」はその通り!
台風の影響で大雨だった本日。日曜だというのに、またまた商業施設は大きな打撃となりそうでがっかりですここのところの天災は予想だにしない事ばかりですね。なかなか思うようにいかない事が多い中、今朝の日経新聞で「ごもっとも」という記事が出ていました。
少し引用すると。。「内閣府主催の地方分権改革有識者会議では、自治体から国の規制や権限の見直しを求める提案が今夏に950件余り出された。だが、9月に各省庁から出た回答の8割は「対応不可」。「地域を元気にするまちづくりをしたくても、首長は手足を縛られている。国は土地利用など肝心の権限は手放さない。地方の実態をよくみて考え直してほしい」。
人口減が明らかな日本で大都市以外の都市は生き残りをかけ必死になっている。でもお国がそこに「ちょっと待った」をかけている。
これって会社と同じだと思います。様々な会社とお付き合いしている中で、なかなか変革出来ない会社はまさに「これ」です。現場では「ここが問題で改善したい方法論」まで具体的に出している。しかし本部や本社では「そうは言っても」となかなか決めきれない。みんな自分が決断するのを怖がっている。まさしく「よっ!さらりーまん(笑)」という感じでしょうか
このblogでも4年前ぐらいに書いた内容に「チェンジ or ダイ」表記通りで変革か死か・・ということ。
平成になってから出来たまだ若い会社で、どんどん伸びている会社とお付き合いすると、明らかに違うのが「変化を楽しんでいる」コト。こちらが多少ハラハラして「もうちょっと冷静に分析してから実施しなよ」なんておばさん臭く言ってしまうほど「おかしい・変だと思う事に対して進化していく」意外なほどにここも二極化している!!!と思う今日この頃です
  ヤフオクとブックオフがコラボレーションした新たなリユース体験店舗。POPもデジタル化して進化してます
see you
 2014/10/05 21:23  この記事のURL  / 

プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧