« 2013年11月 | Main | 2014年01月 »
コト消費の採算は?
遅ればせながらイオンモール幕張に行ってきました!年末、冬休み突入という大混雑を予想して行った割には、「そんなに?」という印象。延床面積は約40万2000u、総賃貸面積は約12万8000uでという巨大だからこそ、数千万人がはいっても混雑感がないのでしょうか?印象は「イオンのフラッグ店としてすごい!」様々なところでコト消費をうたってはいても、これだけしっかりコンテンツを揃えてくるところは、さすがです
4時間近くいても全部見れなかったぐらい、楽しめること満載。4つのモールが2階のブリッジで連結されていて、今後の4つのモールの結果が気になるところですが、個人的にはFAMILY MALLの「子どもを中心としたテナント構成」がユニークで楽しかった!親子3世代で楽しめる、お仕事体験テーマパーク「カンドゥー」は行けれなかったけど、これだったら小さいお子さんをもっているご家庭は一日まるまる遊べるなぁーって感じです
4つにモールが分かれているから、ひとつのモールがそんなに巨大過ぎず、比較的コンパクトにまとまっているし、わかりやすい!
ただ、来店されたお客様を見ていると、ショッパーを持っていない人が目立ったのが気にかかります。どう購入につなげていくのか、もちろんすぐに、そんな答えを求めるほうがおかしいし、顧客満足につながれば、将来のお客様になるのは明白今後が楽しみです。
まぁ、私のように東京から電車で行った人には、さすがに不便でしたけど。。直通バスの頻度や乗降場所などの気配りは欲しかったですね〜
SPORTS AUTHORITY プロの選手を売場に配置し、スポーツへのアドバイスも提供してました!
see you

 2013/12/29 16:49  この記事のURL  / 

ショールーミング化は脅威なのか?
先日も書いたように「ゾゾタウン」を運営するスタートトゥデイが始めた「WEAR」がショールーミングを加速させているのではないか、という記事が本日の日経MJにありました。著者はしめとして「売り場磨けば目に留まる」と閉めていたように、12月の衣料品販売に占めるネット比率は10%だといいますということは90%は実店舗で買い物をしているわけで、どちらがどう。。という事は一言には言えない訳ですただ、スタートトゥデイのような新しい会社が著しく業績を伸ばしているという事は、パイの奪い合いで厳しい会社が沢山あるということ。先日「スタートトゥデイの教科書」という会社の概要本を読み機会がありました。そこには3名から始めた社歴や事業内容がとてもわかりやすくありました。独自のユニークな制度もある中で、時代にあった、コンセプト企業理念を地道に展開している姿勢が見え、ネットの世界だから。。という話し自体が既に古いなと思いました
結局、ネットであろうと、リアルであろうと、顧客にとって快適でいいなと思えるサービスを提案すればいいわけで、チャンネルは何でもいいのではないでしょうか?
相変わらず変わろうとしない会社もある中、すぐやり、どんどん進化する会社の違いは明らかあとはやるかやらないかです!
ルイヴィトン ガチョウのすごろくゲーム ディスプレイと広告連動した企画です
see you
 2013/12/23 11:02  この記事のURL  / 

「しつらい」の意味
昨晩の[BSプレミアム]で放送された、京都迎賓館「極める!京都の技とおもてなし」はかなり必見の内容でした京都御苑の中にある京都迎賓館。日本ならではのスタイルで海外からの賓客をもてなす施設だそうで、当然一般ピープルは見る事さえもできない!今回は設計に携わった職人の人の声やこだわり、究極の一見さんである海外の賓客を迎える京都の真髄を垣間見ることが出来、ただ感動というか驚きでした
贅をつくした「おもてなし」とは、と感じる細部にまで徹底的にこだわったすべて。その中でも感動的だったのは、庭園の庭師の方がおっしゃっていた「しつらい」という言葉。私たちはあまり「しつらう」という単語を使わないのですが、「しつらい=室礼」とは、飾りや調度をその場にふさわしく整えるという意味だそうです。
目立ちすぎず、ただ凛と環境と共生する、日本人の繊細な美意識がこの言葉につまっているようです。空間や店舗の仕事は商業ベース。当然ながら「目立つ、訴求効果を高くする」という事が当たり前。でも本当のおもてなしとか、本当の美しさはもっと本質的なもので、表面的なものではないんだと見入ってしまいました
今年の流行語のおもてなし。それを外国の人に意味を説明するのが難しいのと同じように、しつらいの意味は日本の美心にあり、表面的なものではないと改めて感じました
「晩餐室」
see you
 2013/12/15 17:36  この記事のURL  / 

リアル店舗の今後
今日の日経一面は「ネット販売が店舗を侵食 本・家電で1割超す」と、想定通り?でもリアル店舗はますます厳しい状況になるでしょう、という年末商戦、来年の消費税増税も考えると、浮かれている場合ではない現実が迫ってきています
当然そうなることを見越して、大手企業は用意周到にO2Oのインフラを進め、セブン&アイ・ホールディングスは18年度までにグループで扱う全300万の商品をネットで買えるようにするらしい。イオンも様々な事にチャレンジ
もちろん、リアル店がまったくなくなる訳はなく、オムニチャンネル化していき、それぞれがその立場で大事な役割をしていくことになるでしょう
ではどんなことが大事な役割になるのか。。。もちろん一番最初に言われるのは顧客との接点が近いからこそ価値のある接客、そして五感に訴える売り場を作ること、、と当たり前のように言われています
しかし現実は大変です。シフトもままならず、さらにわをかけて、営業時間の大幅延長、売り場に一人なんて当たり前。ひどい時にはご飯もストックで・・・なんてかなり沢山の人が経験していると思います
そんな中、店を見ていると、潤沢な要員が居る店でも、駄目な人はダメ、、人がいなくて厳しい状況の中でも、頑張って数字を作っている人も沢山いる
私は思います要は自分自身だってことを・・・
「幸福論」のアランはこんな事いってました
「すべての不運や、つまらぬ物事に対して、上機嫌にふるまうことである」
ふつう機嫌なんてものは、成り行きで変わるもので、自ら変えるようなものではない、と思われている。しかし、それが意外に簡単にできるのだ。自分が上機嫌なつもりになればいい。すると、現実の物事が上機嫌をもたらすような成り行きになる。
 物事の成り行きが機嫌を左右するだけでなく、自分のその時の機嫌が物事の成り行きを変えることがあるのだ
・・・・深い・・・・・
see you
セブン&アイ・ホールディングスに出資されたバーニーズジャパン
 2013/12/08 16:59  この記事のURL  / 

VMD研修終了後・・
12月になりました!早い、、この1年何回飛行機乗っただろう?と、JRにマイルがあれば、かなりたまるのに・・なんて考えちゃいます。
で先週も長野・福岡とあっちこっち飛んでました最近VMD研修後に言われる事って「初めてこういう事聞きました!」とか「こういう基本的なコト知れて良かったです」という、まぁ講義をする私としては嬉しいんだけど、「ほんまかいな」って感じる声が多く聞かれます。
確かに、正社員でなければ、研修の機会も少ないし、教えてもらえる機会も少なくなってる。でもこのぐらいは皆しっておこー!!と思う事柄も多々ありまして
だから結局はこういう研修をやってよかった、って思いますね!
あと、さすがに何百回と人の前で話してると、選別出来るようになってきたってこと。。選別とはオコガマシイけど、「あっこの子今腹におちたな。」とか「この子なんか納得してない」ってこと表情から読み取れます。話す私としては、一人でも、うんうんと頷いて聞いてくれると嬉しいです。先日の研修の時も皆さんありがとうございました
しかし一方では、明らかに上の空、あまり露骨に寝る人はもちろん私の講義ではありませんが、たまーに研修始まる前から、というか座った途端に寝る人。いや社会人として考えたほうがいいですよね
この間の研修のときに、一番前に最初に座った女性が居ました。ふつうは一番前に座るのって皆嫌がります。で私聞いちゃいました!
「偉いねー、一番前に座って!」そうしたらその彼女「私、以前聞いた話で、こういう講義を聞く時、どこに座ったかで、もうスタートラインが決まってくるって聞いたんです。後ろに座る人は受け身でチャンスがつかめない。前に座ることでポジティプな気持ちになるって言われました」
ですって・・・・いやその通り。確かに大学の講義の時の生徒の座り方でわかります。
という訳で、明日は札幌!雪の北海道見てきます
博多大丸イルミネーション!
see you
 2013/12/01 17:16  この記事のURL  / 

プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧