« 2013年09月 | Main | 2013年11月 »
地方発の本当の強さ
先週はSC研修で「リピートに繋がるための接客」研修を開催しました皆さん真剣に聴講され、日々忙しい中で「顧客につなげるためにどうしたら良いか・・」と深堀する機会が無い中、改めて考える良い時間を過ごせたと思います
さて、、先週先々週は台風をかわしながらの日本縦断出張でした。東京や大都市以外の店舗巡回は、今の私にとって、とても勉強になる時間です
理由は大都市のように、何もしなくてもお客様が毎日来る所ではないから!
コンサルをしていると、よく店舗の方に「売上は悪いのはお客様がいないから」という声を聞きます。
もちろん東京近郊でもSC自体の入店数が少ない店はいっぱいありますでも、地方のしかも路面店となると、半端じゃありません。。しかし少なくても私の知っている頑張っている店舗は、のきなみ数字を維持、もしくは上げているのです
今さら悪い理由は客数のせいなんかには、はなから出来ないから・・だから顧客作りを皆さん頑張っているんです!そして、総じて皆さんの共通点は「自分の店に自信を持っているコト」
これ大事ですよね!そしてお客様の事を本当に大事に思っている!!しばらく顔を見なければ電話をする、手紙を書く、これ、やらされ感では全くなく、自主的にスタッフ全員の行動です実は子供の教育と同じような気がします。なんでもお膳立てされ、目的もわからず、ただ作業としてDMを書く人と、自分たちで考え、自分ごととして切り開く人の 底力はどっちが強いと思いますか?? また来週も色々なところで頑張っている人たちに会ってきます
 毎月こんな手作りDM送っているんです!!全部手作りですよ!
see you
 2013/10/27 16:00  この記事のURL  / 

接客の基本と心構え
今週末はまた雨ですが、先週の三連休は久しぶりに良い天気の行楽日和でした私事で高野山、京都に行き、暫しの休養が出来ました実は高野山では、いつもとある宿坊に泊まります!もちろん、公にはツアーなんてやっていない宿坊です。この宿坊が素晴らしい設えももちろんですが、当然宿坊だけあり、朝はおつとめがあり、説法など1時間弱。もちろん今に始まったわけではなく、私も以前来たのが5年前くらいなので、当然その時も、というか空海の時代からなんでしょうね・・!ずっと言われている「ものからコトに」なんてのは、大昔から日本人のDNAに染みついているんです
そして、びっくりしたのが、この宿坊海外からのお客様が大変多く、なんと世界最大の旅行口コミサイト、トリップアドバイザーでも受賞していたのです
海外のお客様の感動するのは建物だけではなく、そこでお勤めされている住職さんやお手伝いの方たちの働きぶり。。朝はおつとめ、ご飯、お掃除とそして皆さん、とても品が良い。背筋が伸びている。よくよく考えると、日本の伝統文化の中に「お客様を向かい入れる心」がしっかりあるんです!!マニュアルを新たに作るとかではなく、日本の歴史の中から学ぶものが沢山ある
温故知新という言葉の通り、古いもののなかに新たな発見があるかも知れません!
泊った部屋は金屏風にこの絵巻!!すごい
see you
 2013/10/20 17:00  この記事のURL  / 

傾聴力は大事です
このプログでも何回も「人の話はちゃんと聞こう」とつぶやいて来ましたですから今に始まった話ではないのです・・・しかし、人と話す仕事をしている私としては、あきらかに、ますますひどくなっている気がしてなりません先日も友人とランニングシューズを購入しに某大手スポーツ店に行きました。その友人は少し長距離も走ろうと思い、シューズを捜し、違うメーカーのシューズ、どちらにしようか迷いました、その際、販売員の方に「何が違うか」説いたところ、その販売員さんのま受け答えは「ブランドが違う」という答えだったんです!!もちろんお分かりになるかと思いますが、私たちは「機能の違い」を聞きました。この温度差はなんでしょうか・・・・これが何回も言う「傾聴力」だと思うんです。販売員というかお店に立つ人、小売りに携わる人に大切なことって「相手の立場にたつ=顧客起点」ですよね!
難しいこと言う前に、本当にお客様の立場にたって応対することのほうが、やれロープレだ、やれマナー用語だ というより私は大切だと思います
だから販売の仕事って、人として大人になれるチャンスだと思います。社会の中でやっていける基本マナーを覚えられる!!素晴らしい職業なんだと思います
京都で見つけた珍しい温泉!入ってみたかった!
see you
 2013/10/14 19:34  この記事のURL  / 

視覚に訴求する効果
売り場づくりに長く携わってると、私自身では「あたりまえ」と思ってる事が、アドバイスされた人から見ると「目からうろこでした」と言われる事がとっても多いんです
不思議です。。でも事実なんです。先日も「ずっとこの形でやってたから、目が慣れてしまってて」と言われ、最初は私のアドバイスをか・な・り抵抗していたのに、変更すると目から☆がというぐらい喜んでて、まぁ良かったからいいのですが、で 結果お客様の反応はというと、面白いようにこちらの計画したとおりに動いてくれる。特に導線を変えたり、POPを変更したり、これはほぼ100%近い確率で反応があります!
で、だから・・と本題ですということは私たちが何気なくみている視界から入る情報は、頭で考えて反応することの何倍も多く反応し使われている。だから見せ方視覚に訴える事が、お客様の動きを変える、最大の策なんですね
では目が慣れてしまっていて、気づけない という人達はどうすればいいのか?これはいつも私も話しています。゛お客様目線゛です。まさしく顧客のためのマーケティングです
このお客様目線が長く携わっている人は苦手です。だから素直な心を持つ事が一番。聞く耳をもってない人は要注意です(笑)
鹿児島中央駅の時刻表看板。イラストがわかりやすい!
see you
 2013/10/06 15:50  この記事のURL  / 

プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧