« 2013年08月 | Main | 2013年10月 »
地方の商店街から学ぶ
鹿児島市で開催している地域繁盛店づくり支援事業で、様々な商店街に行くようになり、改めて商店街の存在意義を感じる今日この頃です
こういった商店街の活性化事業の仕事に関わらせていただき、10年近くなりますが、以前の私はとにかく「売上アップ!!」がモットーでした。もちろん今も可視化される目標はそこになります。でも今回の地域繁盛店づくり支援事業で行った商店街のある一こまを見て、それ以上に大切な何かを確信しました
たまたま数日前に読んだ、藻谷浩介・NHK広島取材班著 里山資本主義にひどく感銘を受けた時で安全安心のネットワークがいかに大事かを感じた時だったので、余計そう思ったのかもしれません。
その商店街のお店の指導にあたり、以前毎日のようにその店に通ってくれたお客様が遠くに引っ越され、お礼のお葉書を見せてもらいました。そこには「引っ越した街には、以前通ったこういったお店が無く残念です」という内容が書かれていました。そのお店では物販意外にお年寄りの方達ず集まれるコーナーが設置され、軽い軽食も出したり、毎日のようにそのお店に通い、数日顔を出さないと他の方が心配するという 素晴らしいネットワークが出来ていたのです
もちろん、「それでは家賃も払えない とか売上見込みが読めない」などあります。ただ思ったことは、過疎化に近い地方の商店街で町に望まれている本当のコトって「人と人の繋がり」なんだということ。これは間違いないことだと確信しました
そのお店で売れ筋の甘納豆!こんなPOPも作成してます!!
see you
 2013/09/29 15:16  この記事のURL  / 

靴の接客のむずかしさ
まずい。。とは思ってはいても、シーズン初め特にAWは何故か無性に洋服全般が買いたくなる!もうこれで止めようと思いつつ、もフラット店に入って素敵な商品に出会うと購入したくなります。特に靴、人間には足が2本しかないのに、なんでこんなに欲しくなるんでしょう?
先日行った大手百貨店の靴売り場。最近接客が良くなった!と色々なところで、それも実店名褒めてたのに、、私の顔に泥を塗ったと思うほどびっくりの応対。
たぶん、メーカーさんからの派遣か、パートさんだったのか、、しかしその、出で立ち、日本一の百貨店?!と言ってまずくない?というほど、だらしのない対応でした。まずは接客をうけようと思っても誰も来ない。やっと来た人は、私のためし履きの靴を、そのままホッタラカシにして、どんどん新しい靴を持ってくるものだから、周りが箱だらけ、おまけに、邪魔になった靴をポイポイ横に置いていくから、他のお客様も商品が見れずに困ってしまう。見るに見かねた私が「片づけなくて大丈夫?」と聞くと、大丈夫です。「うっそー」結局甲のサイズが合わなかった私に行った一言は「お客様のあう靴はここにはないですね」うっそーもう一度言います、世界一の百貨店になるって言ってたのに―シクシク
次に行った 百貨店の靴売り場、ここは知り合いから聞いていた「凄腕販売員」が居ると分かって行ったので、期待度100パーセントはい おっしゃる通りでした。凄腕でした。
私の足を見て、欲しいデザインを言って、困りごとをいったあと、5分まつと、やってきました、フロアー回ってピックアップしてきた靴。この方メーカーの方です。。
靴の接客は洋服以上に難しいだから人が大事。。ちゃんと分かって人事異動してほしいですよね
fabio 意外に履きやすかった!
see you
 2013/09/23 15:35  この記事のURL  / 

あなたからは買いたくない(笑)
秋の実売で力入れた三連休は、あいにくの台風で、客足も少なくなってしまったところが大半だったと思いますしかたないけど、、うーん・来週の三連休で盛り返さないと!天気はどうにもなりませんなー。。さて気温もぐんと下がると、さすがに秋物が欲しくなります。私も今年は結構先物買いまくってしまいましたいやいや欲しいモノがあるのは好い事です。当然「買うぞー」という気合で店に行くんだから、お客様もノリノリ状態でしょうね。もう一回言います。今は8月の秋の立ち上がりとは訳が違うんです!
でもでも店に行くと、相変わらずの接客 声掛けがあまりに多い何度店で嫌な気分になったことか。。先日も某SCの10%オフにあわせ、気になるセレクトショップに行ったときの出来ごと。
私がパンツ(結構シルエット綺麗めなライン)を見ていると、相変わらずの声掛けで「そのパンツ、シルエットきれいなんです」って、まぁいいか、、と「素材なんですか?私出張多くて履きやすいのがいいんだ」と問いかけると販売員さんの次の行動は、パンツの中に着いたタグをとりだし、私に見せるだけ。。。。これってなんでしょう?確かに素材は書いてあったと思うけど、ごめんなさい、私、若づくりしてても、老眼でまったく小さい字見えないんだー
で、どうなったかって??私は言いました、「で、着やすいのかな?」販売員さんの次の言葉は
「シルエットはとっても綺麗です!」     
スミマセン。あなたからは買いたくないです
先日渋谷PARCOにオープンした「マッドストア アンダーカバー」で衝動買いしたプリント セカンドバッグポーチ 素敵なお兄さんの接客もよかったです(笑)
see you
 2013/09/16 13:59  この記事のURL  / 

買い物の楽しさって・・
最近、欲しいモノが見当たらなかった私ですが、久しぶりに大きな買い物をしました。PCですいわゆるウルトラブック!!迷いに迷ってたどり着いたのが「vaio」の それも赤

かなりの迷いましたが、久しぶりにときめいちゃいました。その理由は、あのsonyのものづくりのこだわりが結構感じるんです・・・!そしてとっても サプライズだったのは、宅配便で届いた後、段ボール箱をあけて出てきた この黒い箱

これって ちょっとワクワク!さすが カスタムメイド!!!っていうか、久しぶりにsony 好いじゃん!!って思いました
ここで私が思いだしたこと・・・・顧客満足じゃなくてサプライズって よく言いますよね、、やっぱり正しい。。
値段じゃなくて、価値だね。。売れるって「価値が価格を上回った時」ホントそうですわ
価値って、こだわり、思い、全部つまってないとダメ
というわけで、暫く楽しませてもらいます
see you
 2013/09/08 17:39  この記事のURL  / 

VMDセミナーでの好事例を聞いて
先週のVMDセミナーでは、テナント店舗の好事例発表を聞くことが出来ました選出されたテナント店は全国展開している企業もあれば、地域密着型の店もあったりと、皆さん大人数の前で発表することに慣れていない方も多く緊張している感じがピシピシ伝わってきました。しかしその発表内容はどの方もすばらしく、正直「私の話しよりためになるじゃん」と思うほど!!
好事例ということは、当然結果も出ていて、この一年あまりで昨年対比を130%も伸ばしている店舗もあり、素晴らしい!!そこで、伸びている店舗が何をやったか、という事が気になります。具体的事例を挙げながらの発表でしたが、結論は「商売に奇策はない」ということを改めて感じましたそれは何か というと、店長はまず「自店の方向性、こうなりたいというビジョンを掲示し、次はそれを具体的に落とし込むこと。」そして何よりも、いいか悪いかは「お客様にとってどうなのか・・」という判断が出来ているコト
難しいマーケティング本やビジネス書でも、結論はここなんです。それを凄ーく難しく解説しているのか、分かり易全員が腹に落ちるように、落とし込めるのか の違い
そして一番大切なのは「やりぬくこと」=「やりきること」
またまた好い話し聞けて私もテンションあがりました
ひろしま美術館の上からみた姿!印象的なデザインで素敵でした。ミュージアムショップに隣接したカフェも素敵 日建設計でした
see you
 2013/09/01 16:00  この記事のURL  / 

プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧