« 2013年06月 | Main | 2013年08月 »
SMの理想の売り場って?
24期連続増収増益を続けるヤオコーの新店舗 東大和店に先週行ってきました。行くときには主婦目線が大事!!SMリサーチの鉄則です!!ヤオコーに行くと、あからさまに業界リサーチ風の男性サラリーマンを必ずみかけます不思議なのが、あの目線で本当にお客様心理が分かるかな???って まぁいいです。ちょっと家から遠いけど、自分でいいなと思う商品はチャンと購入して帰りましたし
さて、感想。。。正直何故ここまで業界の人がリサーチするのか、私は分からなかった。。でも目の前のイトーヨーカドーに、そのあと行ったら、頷けることがたくさんありました
主婦、いわゆる顧客の方はSMはある程度決めているので、比較検討はなかなか出来ない。もともとドミナント的出店をしているヤオコーだからこそ、自分の家の冷蔵庫のように活用している顧客の方も比較ってしないでしょう、しかし東大和店は上手く両店を使い分けているんだろうな・・という印象です。比較すればすぐわかる「ライフスタイル提案という点では売り場づくりが明らかに違う!」特に生鮮(魚)や惣菜やワイン、デザート。あんなに島什器(平台)を使って導線を回遊型にしているSMは無いんではないでしょう!!見ていて楽しいというのが印象。しかし始めての方には分かりづらい。正直私もどこに豚肉があるか迷いました。。
抜群に良かったのは惣菜。他社の品数を絞り大量陳列と比較すると明らかに違う。いわゆる多品種商品をちょっとずつ丁寧に(美味しそうに)きめ細かく陳列提案は、どこのSMよりも上手い!バイキングも中央で実施していましたが、どうなのかな?と見ていても意外にお客様購入している。。。レジでのカートの中身を見る限り、圧倒的に惣菜比率が高いのも際立っていました感想は「きめ細かく売り場を作っている所=大胆な売り場改革よりももっと大事」でした!
ヤオコー青果
see you
 2013/07/29 09:06  この記事のURL  / 

鹿児島市 地域繁盛店づくりセミナースタート
今年も始まりました!鹿児島市産業支援課による「目指せ 地域のno1店舗を作る!」セミナー東京はここ数日は涼しくなりましたが、鹿児島は暑いこのセミナーも今回で三回めとなりますが、毎年 受講者の方達から成果がでた報告を聞くたびに、やってよかった!と感じます。鹿児島に限らず、地方商店街の活性化は大きな問題として取り上げられています。もちろん成功事例もいくつも報告されていますが、肝心なのは「本気度」だと思います。長く商売をされている方、また最近では、代替わりに伴う、後継者の方達も沢山いて、皆さん異口同音に「変化」を求めています。ただ今までの慣習を変える「やり方」が分からない。。。そういった方々に対して、後押しをし、成果を上げるために必要な手順を教えていきます
モノの見方を変えること、自店自社の強みをもう一度再確認し、「何をすればいいか」を決め、あとはやりきる。実に簡単そうに見えますが、とても大変で奥深いものです。
さぁ今年も暑い夏になりそうです!!頑張ります
インパクトある建物 in kagoshima
see you
 2013/07/22 09:15  この記事のURL  / 

仕組みが大事
松井忠三良品計画会長の発の著書「無印良品は、仕組みが9割仕事はシンプルにやりなさい」が発刊されました。興味津々のタイトルです。タイトルだけみても頷けます最近の無印良品の業績アップは店舗を見れば「なるほど」と思う事ばかり。
様々な企業のコンサルや研修をしていると、伸びる会社、なかなか厳しい会社、思いあたる要因が重なる例が多々あります。もちろん企業の規模によっても異なりますが、昔から小売業は人(個人)の力量で店舗力が変化してしまう事が大きかったと思います。
でも個人には限界があり、個人のモチベーションだけでは長く続かないものですよね・・だから仕組みなんです。売り場づくり=VMDも同じ。まだまだVMD=ディスプレイと思う方も多いんですが、VMDも仕組みです誰でもも同じように売り場を作ることが出来るために必要な売り場づくりのロジックがVMDです
先週は、瀬戸内芸術祭のミュージアムショップの仕事で直島・犬島・豊島に行きました。ミュージアムショップも同じです。ただ入館数が多いから売上が上がるのではなく、しっかりとした仕組みを作ることで良いスパイラルが生まれ趨勢も上がる。そこで働いている方達の数字分析やマーケティングはしっかりとしたものでした
そして最後は無印良品同様に「決まったことを、決まったとおり、キチンとやる」だけです
犬島 A邸 リフレクトゥ 犬島の「家プロジェクト」はどんどん新しい風景を作っています!
see you
 2013/07/16 09:19  この記事のURL  / 

顧客目線はなかなか難しい?!
先週は大阪・長野、今日は四国へと巡業の旅は続いていますが移動時間は涼しくいられるのでちょっと嬉しいタイムです先週はサービス業のVMD研修をしていましたが、またまた発見がいっぱいありました!私たちは小売業。サービス業と仕事をしつつも、当然、一消費者であるわけです。消費者=自分がお客様の時は、いろんな不平不満がでるのに、自分が売る立場になると、以外にもその目線がなくなってしまう。=仕事モードになってしまうんですよね気づきというものがなくなってしまう、これは困ったものです。。。日本の小売業、サービス業は世界と比較しても顧客満足度はとても高いものだと思います。しかし人って不思議なもので、すぐ欲が出て「もっと」と思うモノです。そういうわがままな日本のお客様に満足してもらうのは、やはり難しいというか大変!でも、しっかりやり、沢山の顧客様に満足してもらっている方も多い何が違うか・・・・、私たちのようなサービス業に準じているいる者たちが忘れちゃいけないのは「気づき」だと思います。お客様のちょっとした行動や発言に気づけるか、=顧客目線にたつということのように感じますボーっと一日過ごして終わってしまう人と、一日にいろんな発見をして成長する人、毎日の積み重ねで大人になったとき大きな隔たりが出来るんでしょうね。。。
今日は七夕、青フラの店頭ではこんな気づかせ方でのVPが出来てました
see you
 2013/07/07 12:16  この記事のURL  / 

プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧