« 2013年03月 | Main | 2013年05月 »
続けることの大切さ!
今年のGWは日並びのせいか、海外旅行より国内で手短に楽しもうという人が多いという事前半GW最終日の人ごみは?と都内百貨店に出かけてみましたが、意外に人が少ない。。うーんそうよね、天気もいいし、近場のレジャー施設に行っちゃったのかも
大阪では「うめきた」オープンで盛り上がり、そういえばつい数年前は大阪夏の陣と伊勢丹がなりモノいりで出店し大混雑したのもこの時期。。。それが今では、、と一寸先はという状況です
マスコミも「新しい事には飛び付き、一杯取材し、お客様もとりあえず一回は見ておこう!」という日本人によく見られるお上りさん的な消費行動に企業は惑わされ困っちゃう事も多いはず。
だから続けられないんですよね出来れば定点観測的に店舗取材してくれると面白いのですが、きっと数十%があの人は今。。状況になると思いますが
そんな中、ずーっとやり続けている店舗見ると嬉しいです、例えば阪急のコトステージ!あれも数年前に始まり、毎回イペント続けるの大変だと思うけど、ちゃんと継続してる!ショップも同じだと思います。ひどい店は売れないからと言って商品ラインナップまでガラッととシーズンごとに変えてしまう!お気に入りだったのに、と嘆くお客様は数知れず、そういうお客様をどんどん捨ててしまうから顧客が増えないんだと思います。
百貨店やアパレルのアート展も続けてほしいです。文化の発信が「売れないからやめた」にならないでほしいです
グッチ新宿 イベントスペース 紫舟による 水滴々 人歩々
see you
 2013/04/29 16:26  この記事のURL  / 

褒めて伸ばす教育?!
やっぱり異常気象!一昨日は長野かの帰り、大雪に見舞われ、高速道路を運転するのに冷や冷やものでした雪の中で見る満開の桜も素敵でしたが、寒暖の差が激しくなかなか冬物が片づけられなく困っている人もおおいと思います
子供の教育もそうですが、最近は「褒めて伸ばす」指導方法が流行っています。難しいですよね、褒めたくても褒める個所がないという人も中には。。。ですが、そういう私も最近は少し気をつけるようにしています。私はどちらかというと「no is no」のやり方。でもこれでは駄目なのかな、と思う事確かに多くなりました。さて何でもかんでも褒めればいいのでしょうか?それは違いと私は思いますそこにはその人にあった目標設定を作り、その目標に対して頑張った、努力した、成果を出した時だけだと思います。
注意されることに慣れていない人は、まずはここが第一関門、今までこれでやってきた、何が悪いんだ!と言わんばかりの態度をどう切り崩すのか。これが上司が最初にやらなくてはいけない事。そこさえも怖がって、もしくは面倒くさがってやらない人が多すぎます
先週連載されていた日本経済新聞のリクルートの子どもたちは面白かった!
若手のモチベーションを上げるリクルート流の人材活用術、の中で「別々なのはトイレだけ。あとはすべて男性と同じだった」。というぐらいの女性も高いモチベーションを持続できたのは、ただ褒めるだけではなく、それ以前にある「「社員皆経営者主義」という確固たるプロとしての自覚があるからではないでしょうか
高速途中のSAで見たリアルな「かいこ」に似せたお菓子(笑)リアルすぎました!
see you
 2013/04/22 09:06  この記事のURL  / 

見せ方が変わってきた!
関西出張は多いのに、なかなか行けなかった、遊心クリエイション運営のASOKO南堀江店
マスコミの露出も多く、混雑ぶりはアメリカ村の雑貨店タイガーのようだと聞いていましたが、やはりの盛況ぶり新聞報道などで、品切れ続出、スタッフの増員など、想定以上の売れ行きに、リスク対応しきれていなかったのでは・・・・とは思いますが、この混雑ぶりも頷けるものだったと思いました理由として、見せ方と商品の絞り込みがあげられます
安価ショップ(100円ショップ)=盛りだくさんの商品陳列という概念も既に終わってきているし、下手な一般雑貨店より100円ショップのほうがVMDもしっかりやっている実はこの気配は5,6年前から来ていますし、今回のような雑貨店でこれだけ絞り込みをするという事は、かなり勇気がいることだと思います。でも絞り込み方とセレクト内容が、他店にはないものだった。。。ということは見せ方=どう編集するか=どうストーリー性をもつか これをやらない店はただの「おみせ」になってしまうんでしょうね。
絞るという事は、絞り方を間違えれば、まったく売れないという事です。確率の問題です
しかしそれをやるかやらないか・・・・ですね

see you
 2013/04/15 08:45  この記事のURL  / 

落ち着いて買い物できる場所
昨年同様、GW前の商業施設の新規・リモデルが続々と行われています。ダイバーシティ東京 プラザやソラマチ等、去年もオープンラッシュが凄かった! 去年オープンした施設は比較的どこも顕著に推移しているようですが、今年はどうなることやら・・・なんて皮肉めいた事を言うのは、さすがにこう新規オープンばかりで、いささか追いついていないお客様が多いのではないか、という風に感じるのは私だけでしょうか?今日も新宿の大手百貨店で人ごみの中買い物していると、前を歩いている中年女性二人連れが「どこに何があるかわからなくなっちゃったね・・」と話していました。そうなんです。どんどん変わっていく東京に、いささか困惑気味な人もいっぱいいるんです。そして自分の居場所がどんどんなくなっていってしまう気が・・・難しい決断だとは思います。企業として進化し続ける事は大事。でも進化=店舗造作や新しいモノだけではないと思います。一番の進化はサービスの質ではないでしょうか?それと既存MDを活かしつつ、新しい事の提案
トレードオフを一歩間違えると、一番大切なものをトレードしちゃうことにもなる。だから顧客様が何を望んでいるか、しっかり聞く必要がありますよね
先週行った佐賀のGMSでは地産地消のお花!ホッとします
see you
 2013/04/07 18:19  この記事のURL  / 

ちゃんと教育してあげましょう!
今日は4/1。新年度スタート!新入社員も入り、人事異動もありと、なんとなく新しい気持ちになる時期です研修も多い時期ですが、何日もかけてみっちり研修してくれる企業は少ないんではないでしょうか?ほとんどは限られた時間内で最低限の内容を詰め込み、あとはOJTで!という会社がほとんどではないでしょうか??任された先輩も二年目ぐらいが多く、自分自身もよくわかっていない!なんて人も多い
この最初のボタンの掛け違いからベクトルのズレが出てくるんです。。。最初が肝心、初心忘るべからずなどなど、先人が言うように、しっかりとした教育を始めにしないと、後で苦労が多くなる事例をたくさん見ました。
今の若い人は、、というフレーズ嫌ですが、怒られ慣れしていない。はっきりと注意されたことが無い方が確かに多い。だから教えるほうも様子をうかがってしまう。
答えは「凛とした気持で接し、仕事ですから。という気持ちを自分も持つ」事です。教育するほうが心が辛く鬱になってはしょうがないですもんね 
売り場づくりも同じ!原理原則をしっかり教育しないと!!出来てる企業は売り場も違う。。
see you
 2013/04/01 08:46  この記事のURL  / 

プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧