« 2013年02月 | Main | 2013年04月 »
VMDってなんでしょう?
今月も月の三分の一出張続きで、各地でVMD講座を開催しました。先月終わりは札幌で大雪に見舞われたのが、既に桜満開で季節の移ろいの早さにびっくりです
さてVMD研修をしていつも思うのが、VMDってなに??という質問が多いこと。。というかMDってなに?という声があまりに多いことです面白いのが、定義がまちまちで、結構笑える答えも多い!例えば、MDって?という質問に「会社の本部にMDというセクションがあるので、組織の名前です」なーんてマジな顔して答えてくれる方うんうんって確かにそうですよね。。今は会社で教えてもらえる機会が少ない。仕方ないけど、店でも同じ。たまたま店長が優秀だったから教えてもらった、、という人もチラホラです
言葉は大切です。もちろん言葉の意味も同じ。念のため、記すと、VMDとはVisual Merchan Dising (ビジュアル・マーチャンダイジング)の略で、文字通り「マーチャンダイジング=商品化計画」を「ビジュアル=視覚化(目に見えるように)」することです。MD=商品政策なので、決してVMD=ディスプレイとか装飾のことではありませんよ
だからですが、私はよくこんな風に聞かれます。。「うちの店どう思います?」と、、私は即座に答えます「あなたはどうしたいの?」って、、こうしたいという意志をしっかり伝えるために有効な手段がVMDです。だから「どうしたいか」が大切です
もうすぐ新年度スタート!新入社員も入ってきます。しっかり自分の店をどうしたいか!!考えておきましょう
伊勢丹EMILIO PUCCI BEACH POP-UP。ブランドの意思が伝わる展開ですね
see you
 2013/03/25 09:18  この記事のURL  / 

店を潤滑に回すために必要な事
先週は顧客満足に繋がるための研修を各地で開催し、やっと終了普段はお客様と仲良く会話出来ている販売員の方も、研修・ロープレとなると滅茶苦茶緊張し、見ているこちらまで緊張感が伝わってきそうな雰囲気でした。さてさて、売り場の方がやらなきゃいけない仕事ってとっても多い。もちろん販売にVMDに事務作業にと、自分のペースで仕事が出来ればいいけど、お客様(相手)あっての仕事だから、なかなか時間通りに進まないのが現実です今はシフトもカツカツで回している店舗が多く、時間をとった研修も実施できない店が多い。そんな中、売上を上げ、下を教育しろ!なんて言っても、出来ないのが当たり前なんじゃないでしょうか?私は様々な企業の仕事をさせてもらった事で、「伸びる会社」と「落ちていく会社」を意外なまでに見てきました。違いってなんでしょう?もちろんビジネスモデル自体が当たって伸びる会社もあるけど、大きな違いは社員の意識の差ですよねただ「やりなさい」ではなく、何のためにやるのか、完璧に遂行するための、業務の役割と権限が明確なのか、、気づく力、問題意識、フロー、役割と権限、が大事なんだと思います。だから、スキルをただ詰め込んでも応用は出来ず、組織が決定していなければフローも作れずに終わっちゃいます。。。。慣例的な仕事はそろそろ御法度ですね(笑)
かなり面白かった!先日のぞいたGMSジュニア平場の展開。
see you
 2013/03/17 10:05  この記事のURL  / 

スキルより大事な要素って?
伊勢丹本店のリモデルや来月に迫ったグランフロント大阪 など、相変わらずの過剰店舗で、良い販売スタッフの確保がとっても難しくなりそうです先週は関西巡業でしたが、東京も関西も同じ傾向だなぁって思ったこと。。。。最近の販売員の方って、人の話聞いてないんじゃない?って思う場面が沢山あります
どんな場面かって?お客様が聞いてることにちゃんと答えてくれないんです!それって商品知識よりも大事だと思いませんか??例えば先日も「これって、もともと何色あったの?」とニットを見ながらスタッフに聞くと「人気があったのはベージュなんですが、完売しちゃったんです」・・・・・ってアンサーです。
どう考えても、この会話はおかしいですよね?・・でこういう事が多いんです。みんな疲れちゃったのかな???ちゃんと人の話聞こうよ
私は一昨年から大学の講座もやっていて、学生と身近に話すことが多いんですが、皆異口同音に「コミュニケーションが大事」って言ってます。。。しかしです、そう言いながら、講義中に「何か質問ある人!」って私が言っても、会場はいつもしーーーーんです。しょうがないからマイクを持って質問に行くと、答え方は単語のみ。。。これは英語でいうと「主語がない状況」ですね〜要するに「聞いているようで聞いていない」「自分の意思があるようで、無い」という方が多いのです。年よりくさいと言わないで!!(泣) だってこれって大事なんですもん
だからPOPが威力発揮する時代なのかも!でもこのPOPいいね!
see you
 2013/03/10 16:10  この記事のURL  / 

百貨店の生きる道?3
満を持してなのか?タイミングは絶好調なのか?今週、伊勢丹新宿本店がリモデル完成するそうです既にマスコミには、コンセプトやリモデルポイント等、事細かに掲載し、客数増を狙うマーケティングを仕掛け、きっとオープン時は相当なお客様がいらっしゃるんでしょう・・ご近所の私も楽しみですが、それにしても最近の百貨店の生き残りをかけた戦いは厳しいモノです・・・コトの提案と言いだしたのは、かれこれ10年前くらいからだと思います。最近になってやっと重い腰をあげ、独自の催事企画やオリジナル商品の開発をしていますが、長い間しみついた、働いている人たちのモチベーション・チェンジは上手くいくでしょうか?
どこの百貨店、いやどこの小売もそこが肝になると思います。伊勢丹新宿は今後販売員数を大幅に増やし、接客サービスの満足度を上げると言っています。ちなみに、今日も(日曜)某大手百貨店で買い物をしてきた私は、マスコミに謳っている内容と、実際の現場販売員さんの乖離があまりに大きく、ビックリしました
リモデルした女性下着売り場で、「シェイプアップ用の商品」があるか聞いたところ、えーっとと売り場を何度も往復し(しなみに私まで一緒に連れまわされ・・泣)最後は、ちょっとないみたいです、、以上みたいな接客で、、えー!うそですよね?
結論は、そろそろ箱モノ、企画書モノ、に時間と労力と金をかけることより、今そこに居るスタッフの方を教育したほうが、よっぽど数字アップにつながると思いますよ〜これから楽しみですね!!
 伊勢丹から届いたカタログはまるでアートの冊子のようなしつらい。。すごーい!!
see you
 2013/03/03 17:06  この記事のURL  / 

プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧