« 2012年05月 | Main | 2012年07月 »
伝える力の大切さ
毎年恒例の「実践ビジュアル・マーチャンダイジング講座」が終わりました参加された方達のレベルと意識の高さは素晴らしかった!!参加メンバーの方達お疲れさまでした
年間数100回研修をしていると、様々な企業の現場力がなんとなくわかります。そして感じること。俗に言う「伝える力」が落ちてきている
まずは自分の言葉をしっかり伝える人が少なくなった・・言い切る事が怖いのか、目立ちたくないのか、いやはやネットの世界で慣れているからか、人前での発言に抵抗があるのかわかりませんが、残念です。私たちリアル店舗で商売をしている人にとって、「伝えること」はとても大事なこと。もちろん接客の中では当たりまえですが、店を運営していくのに、しっかりとしたマネジメントをするために、それが出来なければ店はまわりません。
私はよく「暗黙知を形式化」することの重要性の話しをします。野中 郁次郎氏の知識経営論における「暗黙知」は大変有名ですが、売り場を上手にまわすためにもとても大切だと思います。VMD、売り場づくりを感覚でやっていると「あの人は上手いけど私は出来ない」という現象がおきてしまいます。リテール事業、小売企業で最も大切なのは「人材」人を活かすも殺すも「育て方=教育」ではないかと思います
そう考えると「活かされていない」人材のなんと多いことか・・・・という訳で今週からは鹿児島にて「商い塾」をやってきまーす
やっぱりルールが大事!ユニクロの強さか!
see you
 2012/06/25 12:41  この記事のURL  / 

安売り神話の休止??
「マクドナルド」11%減、「すき屋」10.8%減「ユニクロ」10.3%減。と5月の既存店売上が発表され、今日の日経MJ一面を飾っていますホントに安売り神話が休止したのか、、、疑問です。5月は東京では新規施設の開業ラッシュで、なんとなく浮足立ってた!という感じ飽きっぽい日本人はひとまず色々な施設をチェックし、また戻るのでは。と思うのは私だけでしょうか?しかし高額商品が伸びているのは事実。「価値あるもの」にシフトし始めている人たちをよく見かけます。
それが「高額商品」というひとくくりではないことは真摯に受け止めたいなぜなら「高い=価値がある」訳ではないから。ニトリでも高額商品と低価格商品の二極化が見えてきたと言っています。それは価格ではなく、きっと「この材質、デザインでこの価格は納得」ということなんでしょう!だからこそ「価値を伝える」ことがとても大切でも価値って人によって受け止め方が違う。ある人は「安いのが価値」と思う人もいれば「機能を価値」と思う人もいる。
そんなわがままなお客様に伝えることが販売とVMDだと思いますだからお客様を知る事、傾聴力を高めることが売り場にいる人たちにとても大事になってきますよね
伊勢丹で開催中の素材を楽しむクラフト展は価値が伝わる売り場ですね
see you
 2012/06/18 10:12  この記事のURL  / 

それでも買いたい?!
新規オープンラッシュも終わり、オープン後1か月経過すると、店の体力が見えてきます人酔いしそうなぐらい多かった来店数も一巡し久しぶりに寄ってみると。。。という店も(ガクッ)日本人の新しいモノ好きには困ったものです。まずはお上りさん気分で行き、FBなどで「行ったどー」と証明し、あとは野となれ、、という感じ?!こう考えると「息の長い店」を作ることの大事さ、改めて感じます台場シティは「アジア圏の方々のツアー」まっさかり。でもこういう方達に来ていただければ暫くは大丈夫ですかね?!平日はなかなか足をのばしづらい土地柄ゆえ仕方ないけど、そうはいっても予算も高いから土日にふるのにも限界がある。客ターゲットが絞りこみにくい場所ゆえか、MD構築も難しそう。。。そんな中唯一まだまだ行列が出来てる店は「あのカルビー」店内で調理したポテトチップス類を食べられるアンテナショップですけど、メーカーがリアル店で顧客の買い方情報をさらに分析すれば、ますます強くなる!!ここでも人間心理を読むことが出来ます。やっぱり「ここでしか食べれない希少価値」「皆が並ぶから並びたくなる横並び」現象。価値感が変わったというけど、日本人の根底にあるDNAはなかなか変わらなさそうですね。。。
 
see you
 2012/06/11 09:03  この記事のURL  / 

シニア客の囲い込みって?
最近とても話題になる「シニア客をどう取り込むか」という記事。50年後の日本、65歳以上5人に2人になる!なんて50年も待たずしても人口構造は劇的に変わるのは事実最近オープンした商業施設でも、意外にシニアの方が来店している姿をみかけます。ある意味「東京観光」の一環だと思いますが・・で今日の日経MJにも出ていた、イオン開店時間繰り上げ、朝7時代に客は来るという見出し。そう6月から開店が7時になったんですよね・・・働いている人は大変かも・・なんて思いながら実態はどうなのかは興味津々です。新聞を読む限り開店と同時に入店したのはシニア層。。。なんてありますが、夏の間はお天道様が真上にくる前に買い物しちゃいたいという気持ちはわからんでもないですね!!イオンは新船橋に シニア世代向けの商品やサービスを拡充した新タイプのショッピングセンター「イオンモール船橋」(千葉県船橋市)を4月にオープン。しっかり見てきました一番いいのは総合クリニックですよね!夜9時までやってるなんて羨ましい!でもこれは別にシニア向けとは言い難いですが・・・遠近両用レンズの眼鏡を即日渡しできる直営店「オプトバリュ」も便利!思っていた以上にオシャレな眼鏡を品揃え!プライス表記も大きくて見やすい
でもでもやっぱり行きつくとこは「何がシニア向け?」なのか。。。シニアというひとくくりでは出来ないターゲットをどう攻めていくのか、、興味津々です
遠近両用レンズ 暮らしのマネープラザ
see you
 2012/06/04 14:32  この記事のURL  / 

プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧