« 2012年02月 | Main | 2012年04月 »
高齢者向け事業って?!
株式市場も、介護など高齢者向け事業の拡大が追い風に働くとみられる銘柄に資金が集まっているそうで、新聞記事で「高齢者向け」の記事が最近目立つようになりましたそりぁそうです。あと50年で65歳以上が5人に2人だそうで、50年後は遠い感じだけど、10年後に一気に増えそう・・で、で、65歳ってそんなに年寄り?まして50歳って!?って考えると、今は見た目はホント分からない!きれいな人も多いし、みんな気を使ってるでも何故か企業は、いまだに年齢軸のMDやターゲット設定が多いんだー!私から言わせると、45歳と52歳ってそんなに違う?って感じです。要はマインドでしょもうそういった何歳から何歳っていう切り口やめたほうがいいんじゃない?!って思います
ただし、残念なのが見た目は変わらなくても、見えない部分は刻一刻と老化は進んでいる私なんて顕著に出てるのが老眼・・アー悲しい。だからいつも困るのが、やたら小さいプライス表記。あれホント困ってる人多いと思いますよ!それに大きすぎる店舗面積。歩けないわけじゃないんだけど、めんどくさいよね!皆さん時間ないのに、あれだけ歩かせてどうすんの!?っと思います。最近のSMはどんどん小型化していく理由もここにありますよね!
そんな訳で最近オープンした赤羽ダイエーの高齢者向けにしぼった?!と言われる店舗に行ってきました。コンセプトが「元気な団塊世代・アクティブシニアの暮らしをサポート」ということで「これですか?!」という印象・・・まあこれから結果検証しながら変化するんでしょうね。
かなり見通しのきいた店内
see you
 2012/03/29 14:36  この記事のURL  / 

お客様の声聞いてる??
3月後半なのに今日も真冬のようなこの寒さ春物が寒そうに感じるのは私だけ?特に年齢が高い層にターゲットにしているショップは異口同音に「お客様がまだ寒いし。。って言うので・・・」という声の多いことしかし、そんなこと言ってるとこの春物在庫はどうなるんだー!!と皆さん困っちゃいますよね。そうなんです、今年は寒いんです、でも大丈夫、もうすぐすぐそこに春は来てますから!なんて言ってもなかなか・・ですよねそんな時売り場でもっとしてもらいたいのが「伝え方と見せ方の工夫」接客の中でのプラス一言やコーディネートでのプラスワン!今のお客様はほんと実需に近くなってる方とうーんと先物買いの方と両極に顕著になっています。最近は今までの52週MDのあり方自体もどうなのか・・という声も多く聞きます。そりゃそうだ!地球規模で起きてる温暖化や逆に天候不順に合わせていくのが小売、商売ですもんね!!だからこそ大切なのが「お客様の声をよく聞くこと」いつも言うのが「答えはお客様が持ってるから!!」最近の企業の組織変更は今までの本部一括、金太郎飴的発想から「より細かく地域にあわせた売り方」にシフトしているのもこういった影響からですよねだからこそ現場の接客を日々している方たちの声を吸い上げる事が大切!!
そしてお客様の背中を押してあげる工夫、VMD、セールストークやPOPが重要になってくる!出来ることは実は自分の足元にある!
100円ショップで見つけたPOP!これもお客様の背中押してますよね
see you
 2012/03/21 16:41  この記事のURL  / 

商品価値を伝える重要性
アジア最大級の食品・飲料専門展示会 FOODEX JAPAN 2012が開催!お仕事をした繋がりで、昨日行ってきました!展示規模国内海外あわせて2400社と、全部みるのに一日かかるんではないか・・と思うスケール!!不覚にも、昼ごはんをしっかり食べて行った私は、試食が食べられず、、あー失敗今年のキーワードは女性目線という事で、会場のあちらこちらに販売戦略に活かす女性目線商品が満載!確かに女性うけは各企業にとってもキーワードらしい・・
でもそれ以上に思ったことは「食べてみないと分からない商品の価値の伝えの重要性」今回の開催の前に出展企業向けVMDセミナーで話した事を、ちゃんと実践してくれている会社さんがいてくれ嬉しかったです展示の仕方、販売方法、アプローチ方法、看板 POPと工夫されているブースは確かに盛り上がってる!!試食までいかないと、商談なんてありえないですから食品はモノ自体が小さく特徴を見せづらいもの。だからこそこれからますます売り方と見せ方=VMDが重要になってくるんでしょうね
 マンゴの展示も面白い!
see you
 2012/03/08 09:28  この記事のURL  / 

傾聴力の低下?!
「よい天気をつくり出すのも、悪い天気をつくり出すのも私自身なのだ」アランの幸せ論の一説です。、ご存知の方もいると思いますが、要は自分自身で幸せはつくっていくものという風に私は捉えています。主体性ってやつですね!!なんでこんな事を書くかって、研修を通じ、日々たくさんの方の話す機会があると、様々なリアクションが気になるんです滅茶苦茶、受け身で早くこの時間が終わればいい!!と最初からゲームに参加しない人もなかには居ます、、(しかし私の研修は絶対そんなことさせませんが(笑))この一瞬を一生懸命自分のものにしようと、目を輝かせる方★出来ない理由を一生懸命話してもも仕方ないと思うのですが、、、とついつい思ってしまう私・・・
接客でも同じです先日も}「この色違いありますか?」と販売員さんに聞くと「すみません、もうないんです、あるのはこの色だけなんです」…シーンみたいな、この雰囲気をどう晴らすかって、これ技術じゃなくって、販売員さんの気持ち次第、だからどうするの!?って感じです。
さてさて、もうひとつ。超大手カジュアル専門店では、「ボトムアドバイザー」ちょっと定かではないですが。。ネームを下げたスタッフさんがいらっしゃる。春物パンツの件で聞いてみました。聞いた理由は似たような素材で型番が違う商品が別々に展開してたんで、何が違うのかを聞いたところ、彼女いわく「型が違います」・・と一言。うん分かってるよ!!!だから何が違うのかわたし聞いてるんだけど、、、とあまりの発言にだったら自分で調べますと私は帰りました。。。。アランの幸せ論まで行ってないか、それ以前に傾聴力から取り組もう
可愛かったフランスインポート子供服
see you
 2012/03/02 10:07  この記事のURL  / 

プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧