« 2011年05月 | Main | 2011年07月 »
VMD研修を終えて(^-^*)
6月もあと1日!今年も折り返し地点になってしまいました。今月も北から南・関西と全国を渡り歩き、私とした事がついに体調を壊してしまいましたやっと行けた病院で肺炎なりかけと言われ真面目に投薬しちょっと反省・・今肺炎流行っているそうです、皆さん気をつけましょう!でも何で体調壊したかって、あまりの気温の乱高下!大阪はやたらSCの気温が低く、暑いし、東京は蒸し暑いし、北海道は14度とか・・こりゃあまいります。
という中で、今月もやっとVMD研修を終えホッとしてますしかし具合悪いなんて言ってられないくらい研修の時は「熱い女」になってしまうんですね。。最近は若干説教じみてしまう感もあるので気をつけようなんて思うんですが、受講する方の顔を見てると、つい熱く語ってしまいます研修でもよく言うのですが、何をおいても「基本」が大事!傾向として、最近は「テクニック・応用」を覚えようとする。でもでもテクニック・応用なんて、基本をしっかり出来て理解してなければ、出来っない!それと言葉の意味を理解していない人も多いよな…MDってなんですか?という問いかけにもちゃんと答えられる人のあまりに少ないことか。。。
答えを覚えるより、意味や何故そうなのか、を理解するほうがどんなに大切かというわけで講義を聞いて理解し、自分で実践してくれた人が一人でも増えたことで私は「やってよかった」と満足しています  「知行合一」です!!!
see you
 2011/06/30 16:23  この記事のURL  / 

ディスプレイと季節感
今月は出張続きで大阪・札幌・九州と家の新聞がたまる一方ですしかし出張から帰るたびに東京の駅の薄暗さを感じ、いつまで続くんだろう。。と少し気がめいります
今年の夏は江戸時代に戻るようだと、いろいろな記事が出ています。昨日のJINでも南方仁(大沢たかお)が今の時代と江戸時代の生活スタイルの違いを言ってました(しかし昨日のJINも良かった、仁友堂をやめると訴えた時の皆の声を聞いて思わず涙が出てしまいました
夜は提灯を灯さないと歩けないし、提灯の火が消えたら、誰かに火をもらわなくてはならない。だからコミュニケーションが出来る等、今回の震災とかぶってしまいます。人は一人では生きいいけない。。
そして生活に工夫や知恵が生まれ、文化になっていく。先人の知恵は凄いものです。日本建築の素晴らしさ、花鳥風月を愛でる気持ちもこのDNAから来てるんでしょうか。。。。ディスプレイの仕事に携わる自分としても、最近忘れかけていた「歳時期、花鳥風月を愛でる気持ち」をもう一度大事にしようと思います
季節の鮎の上には蛍に見立てた黒豆が・・なんと可愛いんでしょう、そろそろ蛍の時期です
see you
 2011/06/20 12:34  この記事のURL  / 

食品のVMD
先日、食品マーケティングに欠かせないVMD戦略のセミナーをさせていただきました有数メーカーにの方々も参加し、自分自身も勉強になったセミナーでした。食品量販店でVMDという言葉はまだ浸透されていませんが、これからのインストア・マーケティングには欠かせないものだと思います。普段の買い物をしていると、どうしても「いつものメニューやいつも買っているもの」に手が伸びてしまう経験は皆さんあると思います。時間に追われる主婦は疲れ切った会社帰りで、「早く済ませたい・考える思考がもう限界!」と思う事も多々!そんな中、考えなくてもいい棚割はありがたい仕事で決断は慣れているのに、290円と380円の値段だけで迷ってしまう時「こーんな美味しい簡単メニューがあるんだよ」と訴求している陳列は、確かに手が伸びてしまいます
きれいに見えるというより「つい手が伸びてしまう」陳列は、これからの食品量販店ではとても大切!!アパレル以上に、やった分だけ「成果が出る」のが食品VMDなのかも知れませんね!
{農家の台所}で思わず手が出たトマトの陳列!!
see you
 2011/06/13 08:45  この記事のURL  / 

ディスプレイの真髄
もともとはデコレーターもやっていた私にとって、ウィンドウディスプレイを初めて企画をした時のドキドキ感は今でも忘れられません
○○年以上も前に、代々木にある大変有名な工房に飛び込みで製作を依頼した時、その社長にウィンドウディスプレイのすばらしさを教えてもらいました。当時はモノづくりの大切さ等よくわからなかった私に「ウィンドウの小さな空間に物語を感じさせなさい」とだけ言われた事を今でも覚えていますその工房は手仕事でひとつひとつ丁寧に製作し決して妥協しない会社(会社というより工房ですね)でした。あれからホント○○年以上経ちましたが、この間銀座の某ラグジュアリーショップのウィンドウを施工しているのを偶然見かけ、相変わらずいい仕事してるんだな、と見入ってしまいました。世界の名だたるラグジュアリーがその工房に依頼しているんだと、やはり良い仕事をしているところは認められるんだな、、と実感!ちょっと感動しました
物語を空間で感じさせるって難しいし「ただ目立てばいい」「ただ商品が売れればいい」という発想とはまったく違うと思います。アート、芸術の域に達するけど、いつか自分もそういう仕事が出来ればって思う瞬間でした
この細かいディティール、きれいでした!
see you
 2011/06/06 12:03  この記事のURL  / 

プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧