« 2011年02月 | Main | 2011年04月 »
希望と夢を持ち続ける
SCや百貨店を見ると、少しずつ以前の状況にに戻り始めてはいるけれど、今回の災害の爪痕は大きく、消費マインドの落ち込みは必至でも現場では明るい動きがたくさん見られます。店舗を全国に持つブランドでは西日本の店舗メンバーが自分たちで頑張って数字を作る!と一騎団結する会社等、お店のメンバーは皆自分たちが出来ることを粛々と頑張っている。
こんな時こそ、夢や希望が大切。一部の報道でも「自粛が委縮になってしまっている」とありますが、現場で頑張っている人たちを委縮させないことが本部の勤めだと思います。
先日、本来ならば中止となっても良いであろう時期の研修で、主催企業の担当者の方が「こんな時期だからこそ、この与えられた数時間を集中して、次の飛躍の時に役立つためにしっかり勉強してください」とおっしゃっていました。
希望や夢を持ち続けること、その先に向かって今を大切に生きたいと思います
 2011/03/29 08:47  この記事のURL  / 

再考される豊かさの価値
この10日あまりに劇的に世の中が変わってしまい、私たちの暮らしや考え方も変わった気がします。また連日のニュースを見るたびに、心が痛くなり、私にも何か出来ることがないかと考える日々。そんな中、少しずつ元気を取り戻し前向きに頑張る会社も出てきました。
昨日の日経MJに「電力危機で変わる消費」という記事が掲載されていました。
引用すると《もっとも、この危機は小売りやサービスの事業者にはチャンスなのかもしれない。ライフスタイルの変化を先取りした事業モデルを築けば、先行利益を獲得できる。小売業もサービス業も「人に喜んでもらってなんぼ」の商売だ。消費者が豊かさを感じるポイントはどこか。本当は何に困っているのか。消費者ニーズは見えにくいが、ゼロペースで棚卸ししてみるとヒントが見えてくるかもしれない。》
物的価値から情緒的価値に、と唱え小売業ではいかにお客様にとっての価値が何かを探ってきたこの数年・・・この大災害を教訓に明らかに私たちの価値が大きく変化することは必然だと思います。
ピンチをチャンスに変えるためにも「豊かさとは何か」「何が幸せか」を再考する時期なのかも知れません。
see you
 2011/03/23 09:03  この記事のURL  / 

地震から一夜明けて
こんなに怖い思いをしたのは、初めて。。というぐらい怖い地震でした東京でこれだけ揺れたんだから、東北を考えると涙が出ます地震発生時はクライアント先の会社の9階で会議中でしたが、ホントに横揺れがひどく、恥ずかしながら、となりにいた部長の手を手を握り思いっきり〈部長、ギャー!!)と叫んでいました。。。あーホントにスミマセン
あとから、沼田さんの声が一番怖かった、と言われ反省しています
当然ながら帰宅難民となり、当初、浜松まで出張の予定は新幹線も動いておらずあきらめ、池袋まで徒歩。。。。。。。。。
しかし意外だったのは、歩いている人たちが、結構楽しく歩いていたこと。なかにはマラソン始める人もいて、「ここは皇居の周りかいな?」と思う一幕も。
日が変わったころやっと池袋到着し池袋の地下街は難民状況の人であふれかえり、日常の風景が一瞬にして変わる恐怖をひしひしと感じました。
しかしこういったときは、近くの人と励ましあう場面も多々見られ、私もとなりにいた人に話しかけたり、人と人の繋がりの大切を痛感しました
今もテレビで流れる恐怖の映像。ルミネの10%オフも休業となり、旅行業界も持ち直し感があったのに、これで壊滅的かも。。でも命あるだけ幸せです。
最後に東北の被害にあわれた方がたに心よりお悔やみ申し上げます

see you
 2011/03/12 12:29  この記事のURL  / 

幸せオーラ❤
春物の実売にはいり、様々な店舗でVMDの売場づくりをしている今日この頃です昨日ある店舗で売場手直しをしている最中、ふと感じたこと。。。。何人かいる販売員の中で、そんなに際立ってきれい(笑)な顔しているわけではないんだけど、何故かその子のまわりって空気が輝いてるんですそう、オーラがあるんですよね、ほかの子をよく見ると、スタイルもルックスもうんときれいなのに、何故か光っていない!何でだろう、ってずーっと観察してると、笑顔と雰囲気なんです。
お店の中で、そういう子が一人いるだけで、店って輝いて見える!!!再度何が違うか、よく観察してると、その子目線が何時もちゃんと前をみている!そしていつも、笑顔、!表情が穏やかでかわいい!あと背筋がピシッとしている。(ほかの子はおたたみしながら、背中は丸くなり、目線は下)っていうように、ほんの少しの努力と意識が、その子の周りに幸せオーラを撒き散らしていたんです
販売って商品知識も必要だし、接客スキルも大事なんだけど、やっぱりその人の持っている雰囲気、存在感がとっても大事。この春の売れ筋傾向をみると、どこの店舗も同じような商品ラインになっていることが多い中で、違いを出せるところは、やはり販売員の存在感が大切。
と鏡に映った自分の姿を見て。。。うーん反省の時でした
see you
 2011/03/04 08:52  この記事のURL  / 

プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧