« 2009年07月 | Main | 2009年09月 »
売り方が変わった!
激震が走った日本列島も一夜開けると「なるべきしてなった・・」という受け止め方で現場をちゃんと見ていなかった政治家さんたちの自己責任という感じでしょうか?
世の中が大きく変わろうとしています、というより既に変わっているんです!
私たち商業者も今までの固定概念から決別する時期が来たのかもしれません。
今日の繊研新聞に「大丸東京店、プロパー時期に全館セール実施」の記事が出ていました。
「新価格戦略が見つかるまで、短期的にはセールを活用せざる得ない」とのコメント
本当に今までの商売のしかたがいいのか、私も含め頭を切り替えなくてはいけない時期が差し迫っています。もう待ったなし
そんな中、先週福岡出張の際に足を伸ばしてリサーチに行ったSM(食品スーパー)で感じることがありました。いつぞやも「ガイヤの夜明け」で放送されたエキサイティングなSMです。
食品のVMDも仕事をさせていただいている私から見ると、楽しく賑わい感のある店舗ってやっぱり大切なんだな・・と感じるひと時でした。店を介してお客様にわくわく感を与えるってあまりにも当たり前のことなのに、なぜか忘れてしまっていた気がしました
お店の方たちが自ら楽しく売り場をつくることこそ原点ですよね!
海の側からなのかな、アイキャッチのクジラ
see you
 2009/08/31 12:10  この記事のURL  / 

がんばる商店サポートセミナー!
先週は、毎年恒例、浜松市商業育成セミナーの店舗実習で一週間浜松に滞在していました!さすがに一週間も店舗実習していると疲れましたが、ビフォアー・アフターでずいぶん変わりよくなった店舗を見ると疲れも忘れ、頑張ったかいがあったと実感する毎日
このセミナーは浜松市主催の不況に打ち勝つ店舗づくりを支援し自店舗の売場を実際に改善するセミナーです。普通研修というと座学中心が多い中、実際に店舗で改善まで行うという意味では、参加されて方たちも手応えがあったはず
今回もつくづく感じたことは、「自店の立ち位置」を明確にすることの大切さ。・・・
世の中には何万店舗もの商業店舗があります。不況といわれている今でも、実は元気な店舗もたくさんあるんです「身の丈にあった経営」というところでしょうか・・
そして、常にお客様目線を忘れないっていうこと。
長く店舗にいると(特に中小の商業者の場合、携わるスタッフの方も少ないため、どうしても情報が偏りがちになると思います。「時代は変わっているし、去年、今までの手法は通用しません」だから外の空気を取り込み、お客様目線を忘れなければ、ダメになることはないはず!
素敵な方たちと出会えた今年の合宿も終わりました、お疲れ様でした!
see you
 2009/08/24 11:58  この記事のURL  / 

どこまでも厳しい百貨店・・・
今日の日経流通新聞、に百貨店調査08年度が発表されていました。東京地区の伸び率ランキングは閉鎖した三越池池袋店一店舗以外はすべて▲マーク・・・昨年秋のリーマンショックの時の株価状況をみるような真っ黒な記事で、関係者の方たちの暗い表情が目に浮かびますただ一面記事にあったように地方小型百貨店店舗ががんばっている!
実はこれって地方都市の地域活性化の活路を見出している現状ととても似ていると思います。地域密着でそこだけでしか出来ないオンリーワンを目指し頑張っている中小店舗やメーカはいっぱいあります。店舗をかまえればお客様が自然に来てくれる時代なんてとっくに終わっていることぐらい、みんな知っています。だから自店の強みをさらに強くし、自店のお客様の本当に喜んでもらうことを真面目に取り組んでます。
地方のがんばりに比べると都市エリアは厳しい・・でも手法は同じだと思います。傍観者的発言から決別し商人としての姿が見たいと思っています。
see you
 2009/08/12 08:48  この記事のURL  / 

クレームってどうする?
日々色々なお店に行くと思わぬ出逢いや信じられない場面に出くわします
このあいだ某テレビ番組でクレーム特集の番組やってました。面白かった
「信じられない」っていう場面も多々あったけど、その中でラーメン屋さんのクレーム(お客様相談室)を1人でやっている男性が出ていました。彼はすごい!!あんな人がいるんだー・・
研修でも「クレームのお客様をどう顧客にするか」というテーマは人気のようです。何故クレームが起こるのか、クレームが起きた時次の対応として何をするのか、マニュアルでは語れないテーマです。でも私が思うのはやはりそれぞれの人間性、人間力につきるって思います。
最近の若いメンバーは怒られ慣れしていない人が多く感じます。研修をやっているとつくづく思うし、逆切れされる時もたまにあります
テクニックではなく「相手の立場にたって考える」っていうごく当たり前の商売の基本が稀薄になっている証拠ですよね・・・・中にはお客様でも「無理難題」を平気な顔で言ってくる人も多くなってるのも事実。マニュアル以外の対応に慣れていない人はこんなお客様が突然出没すれば戸惑うのも当然かも・・・
そんな中、この間感じのよい対応を受けました。パソコントラブルで通信障害に遇いプロバイダーに電話したときのことです。男性の方でした。@話し方が穏やかAまず状況をわかりやすく説明B声だけだけど感じがいいC対応が早く、分からない点はすぐ他に確認し解決してくれた
実はごく普通なことなんだけど「話し方」ってとっても重要なんだな・・・って、これもやっぱり究極は人間性かな?
see you


 2009/08/03 14:45  この記事のURL  / 

プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧