« 2009年03月 | Main | 2009年05月 »
心の持ち方・・
世の中は豚インフルエンザの話題で大変なことになってます。なんとレベル「5」に警戒を引き上げたって、いよいよ大変ますます世界の経済押し下げ要因が増えてしまいます・・
そんな中で今月も今日で営業が終わり、締めてみると厳しい結果が多かったあの手、この手と仕掛けても、なかなか成果に繋がらないのが事実。で皆さんどうしてますか?せめて「ネガティプ発言」は止めようって私は思ってます確かにいま目の前にある現実はマーケットの変化にあった事業計画の戦略ミス、など現場ではどうしようもない事が多いんです。だから自然に愚痴も出てしまいます・・でも最近読んだ「中村天風」の書の中でも『具合の悪いときに具合が悪いと言ったら治るか。』って、そりゃそうだ!余計負の連鎖になってしまう、よく居ますよね、やたらネガティプオーラの人!
という訳でせめて前を向いて、その中でも楽しみを忘れずに現場を盛り上げたいな なんて思うこのごろです
see you
 2009/04/30 06:37  この記事のURL  / 

決戦前夜
久しぶりに原宿界隈に行きました。まさしくゴールデンウィークを前にした各社の動きは凄まじかった!まずは先週オープンしたポイントのコレクトポイント。入口入ってすぐのテーブル展開では小物までのトータルコーディネート提案されてて入店客はほとんどの人が手にとって見てました(特にカラーカーディガン)!ブランド毎のVPがしっかされてて各ブランド毎にVPのマネキンの色を変え視覚訴求もしっかりしてました個人的にここの商品はお気に入りで、この品質とデザインでこの価格!と私ぐらいの年代にも着れるベーシックな商品も多く◎!残念なのは多分土日に売れまくりサイズ欠けなど目だったとこですかね・・
  
H&Mは相変わらずの混雑ぶりで隣にオープン準備真っ只中のフォーエバー21。入り口ウィンドーではオープン準備のVP作業中いゃー・・私はゴールデンウィークは来ないだろうな・・と休みの混雑ぶりを想像してしまいました
ウィンドー只今 作業中
see you
 2009/04/28 08:30  この記事のURL  / 

やっぱりコト系ですか・・
今月終盤はリモデル・新店ラッシュ!土曜日の大雨で出足がどうなのか気になるとこだけど、私はOPENした丸井本館、AOのシャネルの世界初のフレグランス&ビューテイーブティックに行って来ましたまずはシャネル、なんか知らないけど自動ドアが壊れててドアマンの方たちがいちいち手動であけていたのが大変そうでした意外と小さくコンパクトだなと思ったけど、実は世界で最も広いものだそうです。どうせ買うのなら、ここで買ったほうが気分良いよーってやっぱり贅沢な気持ちで買物するのはし・あ・わ・せ品揃えも確かに豊富でした、
次は丸井本館、当然リサーチの関係者がたくさん見に来てましたけど、意外にオーソドックスにまとまったな・・っていう印象。有楽町と似た路線なんだと思うけどレストスペースや屋上庭園は今時SCの傾向をしっかり押さえてました。8Fの青山フラワーマーケットのフラワーレッスンやきもの散歩と称した教室など、ここでも物販からコト系に趣きをおき、ファン作りをの仕掛けはきちんとしてました。規模が大きくない分、疲れなくてすむという感じで見て廻るには調度いいのかもしれません。
丸井関係者の方たちが、店頭でお客様アンケートを一生懸命取ってる姿は大変そうでした・・・
丸井屋上庭園 シャネル
 2009/04/26 16:26  この記事のURL  / 

着物は究極のコーディネイト
和服なんて自分とは縁遠いものと思ってたけど「新しい出逢い」をしてしまいました最近の和ブームを横目で見ながら「でも自分は着れないよな・・」って思っている人多いと思います!昨日着物コーディネーターの森山智子さんに和服のコーディネートの極意を教えてもらえるチャンスがありついにチャレンジしてもらいました帯締め、帯揚げ、お太鼓枕など着終わるのに15アイテムもの小道具を装着し、着終わるまでに約1時間。着慣れれば15分で着れるようになるそうで、遠い先のかんじですが・・
しかし、これほどコーディネート自在のファッションはない!というのが結論。どんなカッコいいファッションよりもきっと粋に着物を着こなし颯爽と闊歩するほうがセンスいいし素敵だと思う。何よりこれから歳を重ねていつまでも「若い」服ばかり追っていくのもチト辛い。大人の色気はやっぱ着物でしょ!と皆で盛り上がり、九点元気組、きもの部をたちあげ「日本的な「講」としてのコミュニケーション機能を結ぶ会を作っていこうと思ってます!「お月見の会」「連句の会」など着物を着る場の提供をしたいと思ってマース
右側が森山智子さん
see you
 2009/04/24 08:37  この記事のURL  / 

ファンを作るために・・
夏商戦を前にゴールデンウィークの戦い方の最終つめをしている今日この頃。数字も相変わらず厳しい中で気になる数字の出方を最近感じます。109ヤング系ではなく、いわゆるミセス系のブランドの中で「○」「×」が顕著に現れている様子。勿論MDの当り・はずれもあるけど、この景気の中「なんで、そんなに数字の浮き沈みがないのか・・」これは他店舗展開しているブランド店舗内でも出ています
答えは「現場に聞け」とは言いますが、個店の持っているファンなんです。長年同じブランドでコンセプトを大事にしていた店舗は、こんな状況でもお客様は簡単に去っていきません。むしろこんな状況だからこそ、迷い、いままでの安心できる「あの店」に行くんです店舗数を持っているショップの中でも今迄「顧客を育てる」ことに手を抜いていた店は、この状況の中で価格競争、商品だけでの差別化で苦しい思いをしています。
先日発売の、週間ダイヤモンド 大前研一の言葉ではないですが、『顧客の庭に入り込み、何が顧客の感情に触れるのかを探り出せ』・・まさしくそんな時代です

最近行った西宮ガーデンズで「いい店」って思ったマーガレット・ハウエルに紅茶専門店のルピシア。両店とも変わらぬコンセプトで顧客をしっかりつかんでいます
see you
 2009/04/22 08:42  この記事のURL  / 

| 次へ
プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧