« コミュニケーション  | Main
都市はどう変わる?
最近はまっていること散歩、、ウオーキングと言いたいところですが散歩ですね〜都心の真ん中は意外なまでに自然が多いし、史跡がまだたくさん残っています。もちろん地方都市にはもっと歴史を感じるところが沢山ありますが、都心の真ん中はドーナツの穴の様に、ぴょこんと時間がタイムスリップしている空間があちこちにあります

ブラタモリが人気のようですが、人気の理由がわかります。歩いていると道の傾斜がよくわかる。これは地図ではわからないですね!!とにかくウォーキング人口、そしてマラソン人口がやたら増えました。こういう風に肌で人の流れや嗜好を感じることが大切。今年はヴィトンとシュプリームのコラボやジュンヤワタナベとノースのコラボがコレクションで発表されるように、ファッションもスポーツかストリート化しアスレジャーもどんどん増えそう。やっぱりねーという感じです
世の中がどんどん混沌としてきています、複合し、入り混じってきているから片方では、それを排除しようとする動きが出ています

昨日行った 隈健吾氏のシンポジウムで氏曰く、「都市計画は今まではすっきりとしたデザインが主流だったが、これからは機能複合、ごちゃごちゃ感が良いとされる時代になる」って話してました。東京をを見ているとよくわかります。機能複合、キーワードになりそうです。

都会の教会でーす
see you
 2017/01/30 10:04  この記事のURL  / 

ていねいなくらし
今年も折り返しとなりました先週6月30日は「夏越の祓」。夏越の祓とは、半年分のケガレを落とす行事で、この後の半年の健康と厄除けを祈願します。茅の輪くぐりは年末だけではなく、この時期多く見かける人もおおいはず。茅の輪をくぐることで、病気や災いを免れることができるとされているそうです。
以前はこういった行事にほとんど興味が無かった私ですが、茶道や「しつらい」を学ぶことで、こういった四季折々の行事が豊かな暮らしにつながる事をとても感じるようになりました。

先日は、家の近くにある「林芙美子記念館」の家内を見学する機会に恵まれました。
林芙美子記念館は晩年その生涯を閉じるまで住んでいた家です。
山口文象設計によるこの家は、数寄屋造りのこまやかさが細部にまでほどこされ、とても素晴らしい家屋でした、興味深かったのは、林芙美子は新居の建設のため、建築について勉強をし、設計者や大工を連れて京都の民家を見学に行ったり、材木を見に行くなど、その思い入れが格別であったこと。
そして、客間よりも茶の間や風呂や厠や台所に十二分に金をかけるように考え、そのこだわりが家のあちらこちらに見ることができたことです。

雑誌やネットであふれかえった情報の中から、自分にとって大切なものを選りすぐり、自己の感性を信じ自分らしい暮らしをする。なんでもあるけど、なんにもない事にならないよう、まずは自分の感性を研ぎ澄ますことが大事なのかもしれませんね

書斎 
二段押し入れ、収納式神棚
see you
 2015/07/05 14:50  この記事のURL  / 

内装デザインとVMDと海外VMD
もう何十回目になったのか、、先週の中国での仕事で中国の内装会社かデザイン関連の人と打ち合わせして、国によって違う(内装の考え方)(VMDの考え方)をあらためて感じました
普通にVMDという単語が使われているのが、今の海外ですが、その意味や内容が日本と違うことは薄々感じていました。まあ簡単に言うと、あまり営業に関係ないのが海外で日本の場合、特に日本の会社に多いのは、営業系に近い「売上を上げるためのVMD」という感じでしょうか
別にどっちがどうではないし、ブランドの違い規模の違いでVMDの業務が違ってくるのは当然です。
面白いのは、「なんのためにやるのか」を伝え「売上を上げるための日々の営業ノウハウ」の話をすると、皆さん興味を持つという点です。
内装デザインも同じで、設計はかっこよくても やたら使い勝手が悪い内装がちまたにあふれている。日本のち密な寸法とりや、幕の内弁当の盛り付けのようなデザインは「すごい」という印象につながるようです。これも日本が海外に売れる「コンテンツ」です!!自信をもっていいですよね
プラダ・ブティック青山店に続いて今月オープンしたヘルツォーク&ド・ムーロン建築 ミュウミュウ青山店
see you
 2015/04/26 17:53  この記事のURL  / 

地方の魅力
台風の中、鹿児島出張行ってきました!しかし今回はさすがに飛行機は飛ばないと思い困った・・と思ったけど、スレスレ鹿児島が外れどうにか到着!鹿児島の人に聞くと、最近鹿児島は外れることが多いとか・・?何ででしょうね?というわけで鹿児島地域繁盛店セミナー第二回、受講者の方の前向きな姿に助けられます、まだ二回しかやっていないのに、どんどん店が良くなる!!皆さん言っているのは、一人、二人で店を長年やっていると、なかなか重い腰が上がらなくなる・・わかっちゃいるけど、めんどくさい、という中、背中を押してもらい、やつて「やろう」という気持ちになる!という方の多さ!!!
確かにそうですよね、なかなか実行出来ず、日々の忙しさに追われてしまのが現実ですよね。でも火がつくと「あっという間」にどんどん改善していくこのパワーは凄い。これからが楽しみです
鹿児島の商店街を路面電車で見ていると、面白い、また歴史のある建築の多さに驚きます
このシロアリのオブジェ結構目立つ!
やはり山形屋の外観は素晴らしい!!
see you
 2011/07/21 10:08  この記事のURL  / 

高松丸亀町まちづくり研修終了!
先週は高松丸亀町のまちづくり研修に行っていました!今回は最終回ということで、各店の進捗状況と顧客とのリレーションづくりの手法CRMについての講義を実施。
丸亀町は行くたびに町がどんどん変化しています。これからどんな風にかわるのか・楽しみです受講者の方もみなさん前向きで、しっかり先を見据えて頑張ってらっしゃる!!
そんな中、私は以前から行きたかった美術館にちょこっと足を延ばしてきました
まずはイサムノグチ庭園美術館。実は私は谷口吉夫氏の建築がとても好きで、イサムノグチと長年のパートナーであった事も「見てみたい!」という強い思いのひとつでした
寒い日でしたが、良かった!今まで見てなかった事を反省多分もっと前に見ていたら私の美術館の見方が変わってたかもしれません。
最近こそ環境と合体した作品は増えてきましたが、背景の山、空気、風と一緒になった作品提供は、イサムノグチの「思い」を表現する素晴らしい空間でした
そして「レス」・・研ぎ澄まされた、シンプルな空間は、情報に埋もれた日々を過ごす私にとって、「ホントに必要なものは何か」を考えさせるひと時になりました。
 
右側の写真は受付の場所。
see you
 2011/02/21 08:46  この記事のURL  / 

プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧