« 素敵な人 | Main | つぶやき »
人と人を繋ぐ縁
昨年からはじめた人材紹介業。雇用の悪化が唱えられている中でまだまだ人材不足の会社はたくさんある。どこにそんなミスマッチがあるんだろう・と思います
先週もある婦人服専門店での店長紹介の際感じました。店長は20代、私が20代の頃に比べると、今の若い子はしっかりしているし現実を直視している。そして本人達の優先順位が以外にも「やりがい」で給料も大切だけど「自分の可能性」を模索しているんです。誰だって最初から成功はしない。若いから可能性がある。しかし会社は「出来ている人」「実績のある人」を欲しがっている。そうかなぁ・・勿論保険は欲しいけどこれから会社に入ってくれる人に一番望むことは「価値を共有し一緒に頑張ってくれる人」であり「志の高い人」だと思います。
スキルは後からついてくる。でもモチベーションや志はその人本人にもともとあるもの。もっと可能性を見て欲しいそして会社の人事担当の方も人の本質をもっと見て欲しいなと痛感しました。
この縁談は上手くいきそうですがこれからも「意欲」のある方に「武器」をもたせ「その人が頑張れる会社」を提供する場に携れればと思います。

see you
 2009/02/23 09:02  この記事のURL  / 

可能性を求めて
昨年から始めた人材紹介事業について

今、売れているお店と売れていないお店の格差がどんどん開いています。
売れているお店とはその理由は、「人材」にあります。お客様が「買い物」に求めるのは、単なる「商品」ではなく、「楽しさと幸せ感」。ものやショップがあふれる今だからこそ、「楽しさと幸せ感」を提供する「お店」が支持されているのです。
お店」はステージ、「お店」は「お客様に感動を与える」場。「お客様に感動を与える」ためには他の人とは違う「お客様に感動を与える武器」を持っていなければなりません。

「お客様に感動を与える人材」になりたいと思っている方に「それぞれの方が勤務したい企業や業種(ファッション、服飾雑貨ラグジュアリーなど)にあったカリキュラムを学んでいただき、その上でその人にあった職種を紹介しようと始めた人材紹介。まだ始まったばかりですが、期待に胸を膨らませて扉をたたいてくれる方が自分の可能性にチャレンジできる場を応援したいと思っています。詳細はhttp://www.apalog.com/common_html/portal/images/yuka_hanbai.pdf
興味のある方はご連絡お待ちしています

知識習得は「何が必要なのか」「どうすればその知識が得られるのか」ということさえわかれば、「日々の努力」でどんどん増えていきます。その増えた知識が「日々の経験」を効率的にし、好循環のスパイラルが描けます。自分の可能性を求めて・・

see you
 2009/01/12 20:08  この記事のURL  / 

プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧