« 時代の0,1歩先 | Main | 完璧な計画も運しだい・・ »
アパレルの勢力図
昨日の日経の一面記事、「アマゾン、アパレルの陣」はこれからのアパレルの勢力図を懐疑する内容でした。衣料品の消費は縮んでいるのに、ネット経由は売上高も増えていて、いよいよアマゾンが撮影スタジオを開き日本を開拓するようで、いやはやリアルだネットだなんて言っている場合じゃなくなってきました。どんな場所でもポータルでも、一番「素敵」って思えればいいよね〜ということ。そう考えると店舗で人をかえして伝えてもらえるのが一番いいはずなのに・・・残念ながらそうならない事ばかり・・中途半端な接客こそやめた方がいいのかも・・
展示会でも見せ方一つで伝わる演出は大事
see you
 2018/02/05 08:30  この記事のURL  / 


プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧