« 労働生産性と小売店舗 | Main | sale後の戦い方 »
本当の共感
2018年も明け、すでに仕事モード。という方も多いのではないでしょうか?毎年31日、大晦日に買い出しをして、でも次の日には普通に店が開いて、ありがたみが薄くなってます。
福袋も想定通り爆売れの様子で、昔のバブルの様、世間で盛んに言われた「ものからコトに」「所有しないでシェアをする」と言うニュースはどこに行ったんでしょう・・とちょっと嘆きます。大きい袋をたくさん抱え、百貨店を歩いている人たちを見ると、少しの安堵と不思議な気分になります。

とかく年の始まりは「今年はこんな年になる」という予想記事が大々的にランクインしますが、マーケッターや評論家が言う「占い」は半分「やっぱこうじゃなきゃ」という自分の思いみたいなものも入っている感がします。しかし世の常は意外に現実的で、そして楽をしたいのが人間。「おっしゃることはわかるけど」という感じでしょう。相変わらず一番売れる催事は「北海道物産展」と「閉店セール」・・でもでも、着実に世の中の価値観は変わってきていて、昔のようなお歳暮は売れなくなり、かわりに自分へのご褒美ギフトは12月すごく売れたりして・・

時代の半歩先じゃなくって0,2歩ぐらい先と本当に自分がそう思えるのかの「本当の共感」まあ本音ですかね?私はこの「本当の共感」を今年のテーマにしよう!今年もよろしくお願いします

see you
 2018/01/05 09:27  この記事のURL  / 


プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧