« 地域に合わせた品ぞろえの大切さ | Main | 小売店はどこに向かうのか »
若い人たちの価値観は変わるのか
どうやら景気が好いらしい。いやいや景気はずっと良いのだけど、我々一般市民に恩恵がないからわからないのです。でも最近「やっぱり景気が好いのかな?」って思う理由として、百貨店の数字が良くなっていて、土日の商業施設の客動員が多い!!で結構売れている!!いいことです。昔から商売って心理的要素が大きいって言われてたけど、そうなのでしょうか?

ただ、思うに、若い人たちは
「ほとんど関係ない」
でしょう。景気が良くなる実感を感じてるのは、株式・投資をして利益の恩恵を受ける人がほとんどなんでしょうね、だから若い人たちと話してても「服は買わない」「買っても古着だけけ」「オークションが買う」人たちばかり。

ふと思うのは、こういう若者は、年をとると今の高齢者のような価値観になっていくのか・・・よく若い時はみんなそうだった。といけど、果たして経年での価値の変化はどうなるのか。これは予想でしかないけど、従来型の価値観、所有することが嬉しいという物欲はどんどん少なくなっていく気がします。いや・そうなって欲しいと思っています。
イルミネーションは大盛況!やはりコスパとインスタ映?!
see you
 2017/12/18 08:56  この記事のURL  / 


プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧