« なりたい自分 | Main | ファンの多い店舗とは »
商売の本質
今週7日は冬の始まりの日、二十四節気の一つ『立冬(りっとう)』です。最近日が暮れるのがとても早くなったと感じている人も多いのではないでしょうか? 体を暖める料理が急に食べたくなったり、季節の変化は自分の体が一番よくわかっています。
先人の知恵は大したものだと思います。中国のことわざには「立冬には栄養を補給しよう」という言い伝えがあるそうで、これからの寒い季節を迎えるために何が必要か、ちゃんとわかっているのですね。

商売の原点も季節や行事にあわせて先取りした提案をすることだと思います。お客様に「あーもうこんな時期が来たのね」など背中を押してあげることが商売の基本だと思います。しかし残念なことに、意外にこんな当たり前のことを粛々とやっている店が少なくなった気がします。新しい事 とくにトレンドやブームに乗ってひと時は良いけど、ブームが過ぎたら閑古鳥の店もよく見かけます。そうあの原宿のファストファッションブランド「フォーエバー21」もひっそりと閉店しました・・

ファッションより食の店の閉店の方が個人的には残念なことが多いです。人口減でトレンドが変わった この一言で終わらせていいのか、少なくともそのお店の商品を楽しみにしているお客様がいる限り。。とお客様は思うけど、商売を続けていくのしんどくなっていく。需要と供給ではあるけど、何を目指しているのかで変わってくることも多々あります。最終的にはブームではなく本当のファンになってくれるお客様をどれだけ持つことができるかなんでしょうね。

2018年ヒット予測は?
see you
 2017/11/05 23:29  この記事のURL  / 


プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧