« 良い店ってどんな店? | Main | なぜ、わかっていても実行できないのか »
走りながら考える!
今一番何が一番やりたいですか?という問いに即座に答えられますか?これは私自身が最近質問されて思わず即答できなかったことです。周りの特に若い子たちも「これと言って・・」という人が少なくありません。
やりたいことが見つからない。将来 何になりたいか わからないし具体的に浮かばないという学生が多くなっているように感じます。かたやすごく優秀で、大学時代のうちに起業しベンチャーの仲間入りをしている人も多くなっている気がします。
日本人の格差社会というけど、学生間でもその格差が広がっている気配を感じます。

自分自身も学生の時に「こんな仕事をやりたい」なんて具体的なことはなかったから、ついつい受け答えとして「まあ そんなもんだよね」と言ってしまいがちです。でも最近の学生は真面目!!ちゃんと夢を持たなくてはいけない。とか、、ちゃらちゃらしているようで、意外に真面目((笑)な人が多い!!

今という時代、「走りながら考える」時代だと私は思います。しっかり計画を立て、企画書を作成し、稟議書を回し、気が付いたらもうトレンド感なくなって他社に先を越されている。こんなことが、相変わらず多いのが日本の会社。大きい会社になればなるほど、相変わらずの根回しが必要。不思議です。トップの方は危機感があるのに、その下の方たちが自分を守ることで精いっぱい。危機感=自分の立場。。なんて(笑)
フットワークを軽く、間違えたらやり直す。当たり前のことだけど、自分の気持ち次第で晴れにもなるし雨にもなる!!

中国での一コマ。こういう笑いも大事!
see you
 2017/08/21 09:37  この記事のURL  / 


プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧