« リアル店舗に必要な事 | Main | 危機管理は大切です »
部下を育てられない人
年二回実施している、財団法人IFIビジネス・スクールでの講座が終わりました。今回出席していただいた受講者の方々、この場を借りて御礼申し上げます
この講座が始まって、もう12年ぐらい経ちました。業界で働くVMDのプロフェッシャルを育成する目的で開催され、沢山の方たちが受講されました。毎回違う会社の人たちがそれぞれの「こんな悩み」「大変な事」なども話したりすることで、私の話だけでなく、普段聞くことが出来ない話も聞け、自分自身も勉強になります。

研修は講師の一方的な話では面白くありません。ただ、立場も会社も違う人たちに共通する話題を提供することは難しく、時として(ある人)には刺さっても、(ある人)には面白くなかった内容になります。残念ですが、仕方ないことも沢山あります。
そんな時、ボールを受講者の投げて、「どんなところがわかりにくく」「どんなボールを投げてもらいたいか」を探るのが講師の腕の見せ所だと思います。

もしかすると、教師の先生も同じように感じているのかも知れません。私は自分自身が理解力が低く(というか、勉強が出来なかった(笑))ため、ある意味゛てきの悪い生徒の気持ちがわかります。頭の良い優等生の先生には理解不能かもしれません。本当に「教え方」は大事で、教え方ひとつで伸びる人、逆な人も多いと思います。

研修を通じて、研修にとどまらず、働く場の中での人材育成も同じであり、どんな仕事が出来る人も部下を育てるのが下手な人がいる理由が良くわかります。

人にものを教えることはできない。 みずから気づく手助けができるだけだ
ガリレオ・ガリレイ(イタリアの物理学者、天文学者、哲学者 / 1564〜1642)
自信を持たせ、気付かせてあげることから始まるんですね〜

父の日ギフトのPOP わかりやすかった〜
see you
 2017/06/19 08:30  この記事のURL  / 


プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧