« 北京のVMD事情 | Main | 価値を伝える »
小売りは変化対応業
季節は小満。二十四節気の一つ。立夏ののち15日。草木を含むあらゆるものが成長し、やがて天地に満ち始めるという季節。なのにこの酷暑、地球の悲鳴が聞こえます。あっという間にこんなに暑くなると、一気に盛夏モノに売り場も変化です、小売業にとって天気気温の変化は売り上げに直結しますが、本当にその通り。小売りは変化対応業です。
先週こゴールデンウイークの後で売り上げも厳しいところが目立ったのではないでしょうか、毎年この後6月のシークレットセールまで、なんとなくズルズルと行ってしまう時期ではあります。仕掛けないと売れない時期、ただ毎年同じことを言っている気がします。何を言っているかというと「仕掛けるためにお客様のニーズは何かをいつキャッチアップしておくか」です。
良い意味で小売業に携わる人は「嫌なことはすぐ忘れ、いつも元気」な人が多い気がします。忘れることは大事。でも全部忘れてどうするの?です。営業期という言葉も最近死後になっているようで、「知らない」人も多くいます。私はとても゛維持だと思っています。理由は冒頭に書いた、日本には四季があり、季節の変動でお客まさの買い方、ニーズが変わるからです。
なので忘れる前に「記憶しアクションを考えておく」ことが仕事を楽にしていくコツではないかと思います。働き方改革などと色々言われていますが、自分の働き方は自分で改革しないと。。。(笑)さあ今日も暑くなりそうです!!

昨日のお茶会のなんと涼しそうな しつらいか。。!!
see you



 2017/05/22 08:42  この記事のURL  / 


プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧