« 百貨店はどこに行くのか・・ | Main | サービス産業 脱安売り »
おもてなし とは
大型連休突入!!でも、なんかここ数年はいつものような混雑が少なくなった気がします、みんなが横並びに休みを取る時代ではなく、空いている時間にコスパの良い方法で休暇を取る人が増えたのでしょう。私自身は先週GW突入前に同志社大学の講義の為京都に行き、混雑する前に京都を少し歩いてきました。

GW前の空いているはずの京都は、欧米人の旅行客が思いの他多く、京都という土地が常に世界の中でも人気スポットになっているのだと感じます。そして今回なぜか不思議な位に感じたのが「出会う京都の人がみんな優しく、感じの良い人ばかり」だったこと。いやいや いつも感じ悪いのではなく、特にとても優しく良くしてくれる場面ばかりだったからびっくりしたんです。今更という言葉で言うと「おもてなし」なんでしょうか。。。

有名老舗銘菓のお店では、なぜか丁寧に接客や色々教えてくれ、道を歩いてまだ満開の八重桜を見ていると、近くで説明され、挙句の果て、絶景スポットまで案内してくれる、偶然入ったカフェの女主人は、美味しい野菜の場所や最近の京都事情まで会話が弾み、私が「声かけてくれ〜」モードの顔をしていたのか、どうしてかわからないけど、しかし良い時間でした

もしかすると、京都という一大観光都市は、すでに世界の観光スポットと同じように「他者」を受け入れる心が、みなに常設し始めているのかもしれません。意識しなくても普通に出来る事、習慣になってきているから、そういう会話が出来るのでしょうね、そう考えると、どんな勉強をするより、まずは「やってみる事」「続けてみる事」その中から次のステージが見えるのでしょうね。いつもと同じ京都の旅が、何か暖かい旅になりました!!

雅です!!
see you
 2017/05/01 08:42  この記事のURL  / 


プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧