« リアル店舗の生きる道 | Main | おもてなし とは »
百貨店はどこに行くのか・・
先週はまたまた大型商業施設のオープンラッシュでした!名古屋駅JR タカシマヤ ゲートタワーモールに続きギンザシックス。マーケットが厳しい、モノが売れないといわれている真っただ中で、あれだけのお客様の動員が図れるのは、日本人の習性?(笑)
とにかく人人でごった返していた施設内でしたが、果たして売り上げもごった返してくれるのか。。。

実際にショッパーを持っている人は少なく、食品や一部の限定商品を取り扱う店舗に行列が出来るなど、まずは「見てみよう」という目の保養組が圧倒的でしたね
確かに入館料もらってもいいんじゃない?って思うほど力入っていた 海外ラグジュアリーブランド。伊フェンディは「店づくり、感情に訴える」と報道されていたように、近年は買い物の際に、消費者が様々な体験をできるようにすることが求められている。私たちはそのことを意識し、消費者の感情に訴える店づくりを目指した
と言っています。まさに「アート」のような店づくり。でも世界からの大富豪は普段使いでこういった商品を購入されるんでしょうね

大事なのは、今回オープンした施設のコンセプトや目指す道。脱・百貨店へ6ブランド共鳴と今朝の新聞のみだしにもあったように、百貨店として生きる道からビジネスモデルを大きく舵を変えてきた背景。そうなると既存の百貨店はどこに向かっていくのか、ますます混迷が続くのか、ピエトロ・ベッカーリ氏が言うように、「消費者がクールでユニークだと思う魅力的な商品を作れば、まだまだ服は売れる。何より、消費者が求めるデザインを考えることが重要だ」その一言に尽きるのかもしれません。


see you
 2017/04/24 08:57  この記事のURL  / 


プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧