« 新年度に向けて考えたい事 | Main | 百貨店はどこに行くのか・・ »
リアル店舗の生きる道
今年は想像以上の売り手市場だそうで、大学生も「どんなところに就職するか」悩みどころのようです。とりあえず就職できれば。。と焦っていた時代もつい数年前にあったこと、今では信じられない感じです
会社 とくに小売業は人手不足が続いていて、相変わらず販売職は人気がないらしい。寂しいとこです。たぶん「自分の作った大好きなもの」を売るのと「とりあえず店で販売して!」って言われるのとでは同じ「販売」でも雲泥の差。言われたからやるのと「自分でやりたいからやる」の違いですね

昨日のテレビで「日本人のほめて伸ばす教育」「親の過保護」についての討論番組がありました。驚いたのはまだまだ日本は「ほめて伸ばす教育」が普及されていないということです。信じられないけど、小売りの現場で販売したくない というか苦手の人は「コミュニケーションが出来ない」人が多いからなんだそうです。小さいころから親に守られ、けがしないように生きてきた若い人は、知らない人に「何かを売る」のは苦手で、もっと言うと、大学の授業で「はーい」なんて質問なんて恥ずかしくて出来ない。。いやはや

だからなんでしょう。人気の職になかなかはいれない販売職。しかしこれから先の10年後を考えたとき、AIが発達つ人に代わる仕事として、コミュニケーションの高い仕事は、やはり人の手が必要!と様々なところで言われています。簡単な応対は出来ても、潜在意識を探ることはなかなかAIには出来ない。だから販売の仕事はかなり有望株なんです。ほめて伸ばす教育が世界レベルであれば、ほめながら 時には叱咤激励し、育てていくしかなさそうですね!

リアル店舗でもどんどん人に頼らない接客が浸透してきてる!
see you
 2017/04/17 09:10  この記事のURL  / 


プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧