« AIで出来ないこと | Main | 変わるものと変わらないもの »
0,01秒の心理合戦
先日久しぶりに「あたり」のスーパーマーケットを見つけました!
よく前を通るそのお店。もう何年も前から知ってはいたんだけど、一度も入ったことはありませんでした・・・
なんででしょう・・?平たく言うと、ファサード(外観)が私にとっては、今一つだったんです。たかがスーパーもーケット?!なんて言っちゃだめだめ。最近の品揃えや売り場づくりは、店ごとに個性がキラリと光る店が多くなりました。

で、なんでたまたま入店したかというと、たまたま時間があり、時間つぶしに入ったのです。そういう人は意外と多いかもしれませんが、私は出張先で時間があると、立ち寄るのは「スーパーマーケット」なんです。大手GMSは行きませんわよ(笑)
地元にしかない店なんて相当ウキウキものです。
さてさて、何年も前から知っていたそのお店、はいったら意外なまでに、ユニークな品揃えと売り場づくりで大感激。都会の真ん中で、一店舗しかないそのお店。よくよく考えてみれば、長い間営業で来ているっていうことは、儲かっている?からですからね・・

予想以上の品揃えに、結局沢山買いこみ、最後はハウスカードまで作ってしまった私。しかし改めて思うことは、「知らない人からすると、外観・店頭のイメージ=そのお店」になってしまう怖さ。見た目は大事なんです!!!
ちなみに、そのお店は「安心・安全」にこだわった逸品を沢山 品揃えしているお店でした。しかしながら、そのお店の店頭は、意外にも「ビビットカラー」をアクセントカラーにした賑やかげな店。「お客様の声」書いてあげたい気分です(笑)

店頭からのイマジネーションは本当に大事!!

see you
 2017/02/26 17:39  この記事のURL  / 


プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧