« 季節を感じる暮らし | Main | 都市はどう変わる? »
販売しない販売員
ここのところお洋服を買っていない自分ですが、周りの友人も異口同音に「買ってないね〜」という声の多さ。。トレンドが変わっていないからなのか、自分が依然と比較し、服に興味が持てなくなったのか定かではありませんが・・ただこのところの寒さで「防寒対策」としてボトムが欲しくなり、買い物に行きました。

いつもよく行く商業施設はsaleも終わりつつ、初春の立ち上がりも今一つ、といったところ。ただお洒落さんはすでに春物ゲットしているようで、デニムの羽織やビタミンカラーのトップスが売れているとのこと!!でも私はすかさず「防寒対策のパンツ」を選びに・・販売員さんに「暖かいパンツを探してるんだけど〜」と質問すると、「色ですか?」って???えっ答えになってないと思うんだけど、どうにかしてほしい(ガクッ)
「着て暖かいパンツ(ボトム)はどれですか?」と再質問すると「・・ウールですね」という答え。どうにかしてよーです。あの多分、この時期の素材でレーヨン100%とかないと違うの?とあまりの的外れの答えに怒り心頭です

とりあえずワイドパンツを見つけ、ウール混素材で形もまあまあ!ただ微妙に型(デザイン9が違って見える。またしても販売員さんに質問し「このパンツは同じ型で色違い?」と聞くと、ついにその販売員さん固まってしまいました。いや意味が分からなかったようです。「型??」うーんデザインの事?っていう様子
私はこういう仕事について日々「販売教育」の近くにいますが、だんだん悲しくなってきました。(しくしく)

いつものように偉い人は繊研新聞に「リアル店舗の武器とは販売員さんの接客力です」なーんて書いている某大手ブランドの方とか、この実態をまずは見てほしい〜 しかしながです!私は結局その店でパンツ購入しました!!販売員さんに知識がなくても私がわかっているので、手間をとらせずシャカシャカと自分で試着し決定しました。ある意味「試着が出来るサンプルルーム」は私にとっては絶対必要です!!

装飾的なグッチの世界観!!
see you
 2017/01/23 09:19  この記事のURL  / 


プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧