« 地域ごとの戦い方 | Main | まさかの坂 »
顧客とのつながり
今年も沢山の土地に行きも沢山のお店の方と出会いました。東京ど真ん中の最先端といえるようなブランドや商業施設、はたまた地方店の、オーナー一人で経営しているようなお店、どちらが勉強になるか、、もちろんどちらが良いとかいう事ではないのですが、私にとって、地方で頑張っている人たちとの対話は、気づかされることが沢山ありました。

さて何故なのか?それは思いが強い人が多いからなのだと思います。「思い」とは店に対する愛着ということです。商業ベースで考えれば、大都市で沢山の客数をあいてに販路を拡大していくほうが良いのは当たり前。ただいつしか「顧客にとって、、商人としての生き方」という気持ちが薄くなってきていくような気がします。
先週行った松江でも、心のフックに刺さった会話がありました。2,3か月顔を出してないお客様にはがきを出すと、たいていのお客様がまた来てくれるという話でした。そのはがきに込められた店主の思いがお客様に伝わるのでしょうね、、

私たちは仕事として商売をし、顧客とのリレーションという観点で「サンキューレター」や「来店促進DM」をお客様に送ります。それがいつの日か事務的になり、お便りのつもりが書類を投函する意識となり、そして作業になってしまうことがあります。売れない時代にノウハウ本のように効果がある販促計画を実施し、本当にお客様のためなのか、わからなくなってきている気がします

年の瀬にもう一度「どんな店にしたいのか」改めて思いなおし、初心に戻ることも大切ですね。

  島根の出雲そば処八雲庵
see you
 2016/12/19 09:22  この記事のURL  / 


プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧