« 人はどう育つ?? | Main | 地域ごとの戦い方 »
オムニチャネルの行方
この私までもが、最近の服の買い方が変わってきたのには自分自身でもびっくりです。どう変わったかというと、気になるコーディネイトをネットで見つけ、ブランドを見つけてリアル店舗で試着して購入・・・まるでオムニチャネルの典型パターンのようです(笑)
言わずと知れた「オムニチャネル」とは店舗やイベント、ネットやモバイルなどのチャネルを問わず、あらゆる場所で顧客と接点をもつという考えですが、単に便利だからという一言では済まされず、「知るきっかけ」がリアル店舗で少なくなったことも大きな要因だと思います。

先日買い物に行ったある百貨店のタイツ売り場では、商品の仕様(サンプル)がないか聞いたところ、「ありません」とだけ答えてその場を去った販売員がいました。当然タイツはパッケージに入っているので厚さが見たかっただけなのに・・・結局そのあと私はどうしたかというと、スマホでその商品を検索し、十分な情報と使用イメージ写真が掲載されているネットショップにたどり着き、そのサイトで購入しました。

百貨店業界が厳しい状態をよそ眼に、ECサイトのファッション企業は最高利益を出しています。購入後気に入らなければ返品は無料。商品の細かいサイズやコーディネイト方法も豊富に掲載しますます便利になってきたECサイト増えている中で、上記のような売り方をしていれば間違いなくお客様は離れていくと思います。
「出来ない」のではなく「やらない」のでは・・・と思うと、どうすれば「やる気になるのか」スキルよりやる気スイッチを押すことの方が大事だと思います。


see you
 2016/12/05 15:44  この記事のURL  / 


プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧