« シーズン区分って? | Main | フェイス to フェイスの重要性 »
思いを伝える
今朝は寒かった!久しぶりに冬の気配が漂っています。今日でゾンビの集団も影を潜めそうですが(笑)ただハロウィン需要の前年対比伸び率は何百パーセントにもなっているようで、久しぶりのヒットイベントですよね、昨晩の渋谷もかなりすごい格好の人たちが沢山いて。。目のやり場に困りました(笑)

さて先週は三陸、陸前高田まで行きました。復興の現場を目の当たりにすると、狭い日本の中で、こんなにもおかれている環境の違いがあるのか・・と心が痛くなりました。東京に戻るとゾンビの集団、かたや復興道半ばと 心穏やかとはいえませんね
私はいろいろな場所で「売り場づくりVMD」の相談をされます。大都市の大型商業施設だけではなく、先ほども書いた三陸のようなところや地方都市、もつと遠い地方の商店街なども出来るだけ現場に行ってみたいと思っています。

なぜかというと、本当にそういうところで頑張っている人たちの話は私自身が勉強になるからです。業種が洋服以外、食品でも化粧品でもお土産屋さんでも、頑張っている人達にある共通点があることを発見しました。それは「思い」です。価値をお客様に伝えるのに、どんなに商品知識があっても、喋り方がうまくても売れない人がいます。それは「思い」が嘘っぽいから、見抜かれてしまうんです

「思い」だけは真似しようと思ってもまねできるものではありません。自分自身が本当に心底思わないと伝わらないから。。。。AIやIT技術がいくら発達しても、この部分はさすがに難しい。簡単なようで一番大事な事かもしれません

陸前高田 一本松 ファイト
see you
 2016/10/31 10:37  この記事のURL  / 


プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧