« コト企画 コトの提案ってどうなの?? | Main | 企業の栄枯衰退と価値創造 »
消費者目線にホントになってる?
どうも消費がさえないらしい先日の政府の発表で「今後の景気状況によっては17年4月の消費増税再延期も視野に入れる」
あれ?消費税って増税しないの?なんて良くわからなくなってきました・・でも上場企業は史上最高益を更新していますますます富の偏在が大きくなってきてますよね

お金持ちの人は金利が悪い分、投資価値のある商品を買いたがる、一般庶民にはあまり関係ないものであっても、お金が余っている人には価値がある。そして世の中の大きなトレンドは「断舎利」。そしてアパレルではNormcore、究極の普通とくると、バシバシものが売れるとはどうも思えない

そんな折、先日、日本版ブラックフライデー?政府と経団連が「大規模セール」呼びかけへ という記事も出没、あのあのセールやって売れる?!先食いじゃない?なんて声もちらほら。。

本当に必要なもの、欲しいものがないのか?そんなことないと思います!!私だっていまだに「こんなものが欲しい」ってあるけど、なかなか見当たらない健康に気を使う年になると「安くて安全なご飯」が簡単に手に入ればいいと思うけど、いまだにそういった店は少なく、そして高い。またやたらお洒落すぎ!!

もっと消費者目線で考えれば、やれることは沢山あるはず。前年ベースという呪縛から開放して新しいことやらないと、このまま同じことの繰り返しになりかねませんいそがねば!!

グリーンが若いこの間で人気ある理由わかりますね
see you
 2016/03/28 09:05  この記事のURL  / 


プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧