« 買い物は楽しいか? | Main | 人を育てる »
売る技術
11月も中旬を過ぎ、いよいよ冬物実売期ではあるが、なかなかアウター(コート)が売れない。という声を色々な場所で聞きます。「暖冬の影響でしょう」の一言で終わらせるわけにはいかず、このフレーズ、毎年聞いてるなぁ・・と思うのは、私だけでしょうか?

商品、特にアパレルを売るのが難しい。お客様のタンス在庫にあるものを売るのは難しい。だから持っていない新しい何か、または、その人にとっての、新しい価値を提供できるものしか興味を持たないのは、それは私だって同じです。
自分に合う「今まで出会ってなかったもの」に出会ったとき、そんな出会いがあるのがお店での提案ですよね。
しかし、先日、あるアパレル店舗でうけた接客は、まったく真逆でした。それはどんな接客だったかというと、こちらの質問に対してしか答えない。いや話さない。
余計なことをたくさん喋る人よりは良いかもしれないけど、これだったらわざわざ人件費を払う必要あるのか、と思ってしまいます。

マニュアルにはしにくい接客技術、難しいことではなく、相手のことを考える気持ちがあれば、そんなに難しいことではないと思うのですが・・・


see you
 2015/11/16 15:10  この記事のURL  / 


プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧