« 当たり前の大事さ | Main | 売る技術 »
買い物は楽しいか?
最近ネットで騒がしかった記事で「米アマゾン、シアトルで初の書店実店舗をオープン」。確かに、フムフム何で今さらアマゾンが???とやはり多くの方が私と同じ?の感想をアップしていましたここのところ、ネット運営の限界を感じ、リアル店舗に進出する企業が目につきます。大手通販会社、メーカーまで、皆さん目的は違えどもネットで、できない「体験」を通じて「触れてほしい、感じてほしい」とおっしゃっている

当たり前のことだけど、リアル店舗の強みは「リアルでの言葉のやり取りや体験」がある。面白いのは、リアル店であれば、その強みの「人とのつながり」を大事にせず、やたらモバイルを使って顧客とのやり取りをしたい人が多いこと
そしてネット企業であれば、その強みの「ネットの便利さ快適さ」の深堀をせず、すぐ限界だと見切り、新しい事に手をだそうとする

時代の変化は速いので、すぐやる、またはすぐ転換するのも大事だが、もっと自身の「強み」を掘り下げるべきではないでしょうか。今朝(昨日)の日経MJの一面は「買ったオレの決断」と「買う・買わない」の要素が何かを特集していました
分岐点がタイミング、物語性、接客と多々ありましたが、結論はその人の心のフックに引っ掛ったか、それだけ。ネットでも接客でもどんな方法でも良しとするのだから、自分のもっている武器を研ぎ澄ませるしかないのでしょう

代官山 もうクリスマスです
see you
 2015/11/09 09:20  この記事のURL  / 


プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧