« 売る側の本気度 | Main | 地域ごとのリノベーション »
伝える力は大事です
ぐっと冷え込んだ先週、、東京だけこんなに気温が低いのが不思議だけど、秋100%立ち上がりにはぴったり!
まだsaleガツンとやっている売り場もあるけど、表面上はAWに装いが変わりました先週は関西出張だったので、都内、関西としっかりリサーチしたけど、相変わらず。。。。。の印象だったのは接客のひどさ

改めてだけど 《何しに売り場に立ってるの?)と言いたい関西の大手百貨店では、自分が働いている所のブランド、デザイナーの名前さえ知らない。。
ちなみにその販売員さん、加えて私に言ってたのは「イベントで派遣で来ているので、知らなくてすみません。。」 あぜんです、

またあるお店では、私が試着しようとしていても、声掛けがない、私から「すみません、販売してもらえる人いますか・」って聞きましたウッソーと思うけど事実です
それも大手百貨店のメイン売り場です
たぶん、、というか、きっとそうだと思い事は、企画をして商品集めて、最後に人集め、本部の人は企画して作ったら終わり、あとはよしなに。。でしょう

多分百貨店の顧客の方は「良い人」が多いんだと思います。だって、、あれでよく売れるなーって思うもの、か、惰性? リアルショップが生き残り、リテールが存続していくために「伝える力」はとても大きい。IT技術がどんどん発達しているから、余計フェイスtoフェイスの期待が高くなってる。ここは本気ださないとアカン 今からでも遅くない、現場力高めましょ♪

  滅茶お洒落だったセレクトショップ、五感に訴えてました!
see you
 2015/08/31 08:35  この記事のURL  / 


プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧