« 売れる店を続けるには | Main | 良いものだからだけでは売れない・・ »
着物屋さんの販売員の役割
去年から「日本文化」にはまった私は、お茶にしつらいに・・そしてついに「着物」に到達してしまいましたもちろんお茶をやるのに着物は必須でしたが、、まず似合わない、お金がかかる、まずもって着れないし、習う時間もない、、、と三重苦でした・・・しかし次回のお茶会デビューにあわせ、ついに着物指南が始まったのです
当然 初心者 なんにも知らない私は頭の中が「なぜなぜ」攻撃。。なんでそう着るの?とやたら決まりごと、型の文化のファッション版だけあって四苦八苦。。
諸先輩に指南していただき なんとか一式揃えたのですが、きもの屋さん゛ての販売員さんとのやり取りが、今までにない経験というか世界でおもしろい!!
さすがに「知識が無いと売れない」そりゃあそう。。でもだれが知識があるのか、その物差しさえももっていない私は、だれの言葉を信じればいいのか、、ここが困った
草履ひとつ買うのにも百貨店で何処に行けばいいのか、、あんなにいっぱいあるところから、何を選べばいいのか、、はたまた私が超初心者と分かった途端、じゃけんに扱われ。。。あのさぁーって感じです。結局 某京都の草履屋さんであつらえてもらいましたが、私が改めて感じたこと。。これは着物もお洋服も同じで、お客様のニーズの聞き取りと分かり易い文言!これ大事!!だって知らないから聞いてるのに、なんで専門用語゛てかえしてくるかね?
特に名の知れた店に限って「偉そう」な態度はせっかくの着物入門したい人のモチベーションを大きく下げますよ!!
というわけで、今年のテーマがまた一つ広がりました
一昨日福岡出張で寄り道した楽水園での一服のお茶!素敵でした
see you
 2015/01/26 13:31  この記事のURL  / 


プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧