« ネットとリアル | Main | 着物屋さんの販売員の役割 »
売れる店を続けるには
商店街の活性化のお仕事をさせていただくと、個性豊かな経営者の方に会う事が大変多くあります大きな会社と違って、個店のみで経営されているお店は「家族経営」で運営される方が多く、仕事とプライベートの切り替えに悩まれる方もみかけますこの数年間劇的に世の中が変わり、「変化対応」を余儀なくされる会社が多い中、個人で経営される方は、なかなか商品手配や投資が思うようにいかず、悩んでいる人も多く見かけますが、そんな中でも前年を維持し、新しい事にチャレンジし、さらなる飛躍を目指している経営者の方の共通点は何だろう・・ってよく思います。
大きい会社だから出来るんでしょ!なんて言葉よりも、小さく小回りが利くから出来るんだよ、って、ポジティプな会話と笑顔、そして何よりも「素直な事」これが肝なのでしょうか?歳をとったか、ではなく、いつも「もっとこうしたらいいのでは・・」ってチャレンジを恐れない!!
そして何よりも「笑顔」と「明るさ」、なかなか簡単にできる事ではありません。
じゃあそれだけやれば「売れる店が出来るのか・・」いえいえ沢山の苦労をして努力をして10個やった中の9個失敗して、でも1個の成功の灯から、また元気を倍増していくんです。
どんな商売も、結局は自分しだい。自分が「それまで」と思えぱ、それで終わり。だから前を向いてポジティプに!なんですね
なかなか可愛く目立ったsaleのバルーンPOP!
see you
 2015/01/19 14:52  この記事のURL  / 


プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧