« リアル店舗のこれから | Main | ネットとリアル »
モノは売らない、コトを売る
2105年になりました元旦、初売りは百貨店もそこそこ賑わいを取り戻したようでよかったですね私が初売りで一番びっくりしたのは、一番混んでいたのが「免税受付」だったという事外国のお客様が、怖ろしいほど福袋を買っている、、、免税のところは人人で、こればっかりは去年とは大きな違いだったと思います!
福袋に代表されるように、イベントやコトの福袋が多かったのが今年の特徴でしょうか、今さらなのかも知れませんが、本気で「ものではなくコトを売るのだ」という気持ちに切り替えないと、商売は成り立たなくなってきてしまうと思います
沢山商品をつめば売れる時代は、とっくに終わりました。ソリューションと言っても、じゃあどうやって売り場で表現するのか、POPを設置して終わり・・なーんてとんでもない。そこには店舗環境、VMD、接客、そしてツールとしての商品があり、こんな商品を使った暮らしがしたい
と思える提案が出来なければ心に響かないんでしょうね
ある意味、昔の「売れるものを沢山、安く揃えればよかった」時代のほうが楽だったと思います。模倣で良かった。でも今は(知恵と感性)が必要。もっといえば、ぷれない柱がないとダメ。だから手始めに「どんな自分になりたいか」を自身が見極めるところからでしょうか・・
ますます今年は(自己愛)がテーマになってきそうな予感がします
家での初釜では「結び柳」を飾りました!
see you
 2015/01/05 13:58  この記事のURL  / 


プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧