« 人の話を聞かない人 | Main | インバウンド 接客 »
話すのが苦手な販売員
久しぶりの休日。ここのところ出張が続き、、しかもずっと地方・海外と、都心の真ん中に住んでいても浦島次郎状態でした出張の隙間時間に買い物する事もおおく、羽田空港の伊勢丹も「さすがに需要を見込んで出店したな」と思わせるほどやっぱり便利、私もつい買い物しちゃいます。地方の商店街の活性化の仕事してて、とても思う事は、そういった店の人のほうが接客力がうーんとある。。ということ、まぁ話し好きの人も多いからなのか、話さないと商売にならないし、だいたたお客様が話に来ている人がおおい!!!!これはとっても思います。
洋服だって美容院だって飲食だって、わざわざ来るからこそか「よく話す」おかしかったのが、今コンサルしている鹿児島の地域繁盛店づくり支援事業で宇宿の店舗でのこと。
お店のスタッフは一人でやっているため、一人のお客様にべったり接客しちゃうと、ほかのお客様のお相手が出来ない・・そこで彼女はお客様同士をまとめて、みんなで話ししちゃう!!だそうです。そーするとお客様同士も盛り上がっちゃう(笑) さすがに皆できる技では無いと思いますが、スゴイ話術です
そして今日都心の某SCでの買い物のひとコマ・・・は というと、パンツを鏡に当てて見ていても声掛けなし。。そのパンツがシングルだったので、ダブルがないか自分から声掛けして「スミマセン、ダブルのパンツありますか?」って聞くと、、「どこのダブルですか?」・・・・・・さぁ私はどうしたか、、、私が言ったセリフは「ほかにパンツでダブルの個所ってありますか?}だした。。やっぱり話すのが苦手な人は販売向いてないと思います・・・・・・
七五三です!!右は千歳飴とお赤飯をしつらいしました!!
see you
 2014/11/03 16:16  この記事のURL  / 


プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧