« 旧暦と営業期 | Main | 駆け込み需要と心理合戦 »
商品価値の伝え方
卒業式・入学式と人生の節目が多く訪れる時期。たった2週間ぐらいの間に、咲く花も大きく変わりますこの時期のお店での展開は桜に繋がる関連商品が目立ちます。ただ「ゴーお花見」だけでは味気ないものですよね
店で出来る事って、こういうことだと思います、以前は「きれいにわかりやすい売り場を作ろう」という声が大きかったと思います。でも今大切なのは「お客様の心にフックをかけること」それってどんな事?って感じると、沢山の商品の中から、自店の顧客にあう商品を選び「その商品を使った経験価値を顧客の心に訴求すること」だと思います
売れる商品は、ほっといても売れる。。売れない商品を売るのが店スタッフの使命・・と、以前よく言われました。今は「売れない商品」ではなく「必ず商品に価値をつけることで、どんな商品でも売れる商品になる」ということだと思います。
最近よく聞くのが、お店で働いている人が、実際にその商品を使っていない、また食べていない、、これでは伝えることはできません。もっとも怖ろしいのは、マニュアルだけの接客言葉以外言えない人たち、もう時代は変わっています。桜ひとつをとっても、どれだけ語れるか・・いよいよ応用の時代到来です
いつも上手に雰囲気だしてるアフタヌーンティーの棚割!
see you
 2014/03/17 10:02  この記事のURL  / 


プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧