« 伝えるという仕事 | Main | 心が狭い人は・・ »
バレンタインデーとサロン・デュ・ショコラ
東京都知事選前の初の週末。例のごとく仕事のあと、新宿は伊勢丹でお買いものついでに、開催中のサロン・デュ・ショコラによりました驚いたのは、あまりの人人人!!!確かに甘いモノ好き、ショコラ好きが多くなったとはいえ、老若男女はたまた小さい子供たちまで、こんなに来るなんて、恐るべし・・ショコラティエ
こういう風景を見ると「景気はよくなったのか?」と錯覚します。。そう今朝の日経の記事のアンケート調査に「勤務先が今春にベースアップ(ベア)を実施し毎月の給料が増えると思うか尋ねたところ、59%が「変わらないと思う」と答え「経団連に入っているような一部の企業しかベアを実施できない」と考えている人が目立った」・・とありました。。確かに私もそう思います
まぁでもこういう風景はいつの時代でもあった今ではバレンタインデーの切り口から「自分のご褒美」という別の意味合いが強くなってるような気がします。自分へのご褒美という大きい切り口から派生している感じさえうけます
年間行事から販売促進計画を立て、需要喚起するための施策を様々なディベロッパーやSC、施設が実施しますが、その切り口さえも考えていかないといけない時代なんでしょうね
しかし、ここまでサロン・デュ・ショコラが賑わうのであれば、様々な食や文化のフェアーを作ってもらうと、私なんて嬉しいな!メイドインジャパンになると、どうしても「日本の名工系」が多く、見え方が古い!もうちょっと現代風にコラボするとかできないのでしょうか?
あと、せめてゆっくり見れるための通路やスペースはとってほしいですけどね
ほとんどアート!ジャン=ポール・エヴァン
see you
 2014/01/26 16:10  この記事のURL  / 


プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧