« ショールーミング化は脅威なのか? | Main | 足るを知る・・今年はどんな年? »
コト消費の採算は?
遅ればせながらイオンモール幕張に行ってきました!年末、冬休み突入という大混雑を予想して行った割には、「そんなに?」という印象。延床面積は約40万2000u、総賃貸面積は約12万8000uでという巨大だからこそ、数千万人がはいっても混雑感がないのでしょうか?印象は「イオンのフラッグ店としてすごい!」様々なところでコト消費をうたってはいても、これだけしっかりコンテンツを揃えてくるところは、さすがです
4時間近くいても全部見れなかったぐらい、楽しめること満載。4つのモールが2階のブリッジで連結されていて、今後の4つのモールの結果が気になるところですが、個人的にはFAMILY MALLの「子どもを中心としたテナント構成」がユニークで楽しかった!親子3世代で楽しめる、お仕事体験テーマパーク「カンドゥー」は行けれなかったけど、これだったら小さいお子さんをもっているご家庭は一日まるまる遊べるなぁーって感じです
4つにモールが分かれているから、ひとつのモールがそんなに巨大過ぎず、比較的コンパクトにまとまっているし、わかりやすい!
ただ、来店されたお客様を見ていると、ショッパーを持っていない人が目立ったのが気にかかります。どう購入につなげていくのか、もちろんすぐに、そんな答えを求めるほうがおかしいし、顧客満足につながれば、将来のお客様になるのは明白今後が楽しみです。
まぁ、私のように東京から電車で行った人には、さすがに不便でしたけど。。直通バスの頻度や乗降場所などの気配りは欲しかったですね〜
SPORTS AUTHORITY プロの選手を売場に配置し、スポーツへのアドバイスも提供してました!
see you

 2013/12/29 16:49  この記事のURL  / 


プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧