« クレームの対処 | Main | 買い物の楽しさって・・ »
VMDセミナーでの好事例を聞いて
先週のVMDセミナーでは、テナント店舗の好事例発表を聞くことが出来ました選出されたテナント店は全国展開している企業もあれば、地域密着型の店もあったりと、皆さん大人数の前で発表することに慣れていない方も多く緊張している感じがピシピシ伝わってきました。しかしその発表内容はどの方もすばらしく、正直「私の話しよりためになるじゃん」と思うほど!!
好事例ということは、当然結果も出ていて、この一年あまりで昨年対比を130%も伸ばしている店舗もあり、素晴らしい!!そこで、伸びている店舗が何をやったか、という事が気になります。具体的事例を挙げながらの発表でしたが、結論は「商売に奇策はない」ということを改めて感じましたそれは何か というと、店長はまず「自店の方向性、こうなりたいというビジョンを掲示し、次はそれを具体的に落とし込むこと。」そして何よりも、いいか悪いかは「お客様にとってどうなのか・・」という判断が出来ているコト
難しいマーケティング本やビジネス書でも、結論はここなんです。それを凄ーく難しく解説しているのか、分かり易全員が腹に落ちるように、落とし込めるのか の違い
そして一番大切なのは「やりぬくこと」=「やりきること」
またまた好い話し聞けて私もテンションあがりました
ひろしま美術館の上からみた姿!印象的なデザインで素敵でした。ミュージアムショップに隣接したカフェも素敵 日建設計でした
see you
 2013/09/01 16:00  この記事のURL  / 


プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧