« 見せ方が変わってきた! | Main | 続けることの大切さ! »
褒めて伸ばす教育?!
やっぱり異常気象!一昨日は長野かの帰り、大雪に見舞われ、高速道路を運転するのに冷や冷やものでした雪の中で見る満開の桜も素敵でしたが、寒暖の差が激しくなかなか冬物が片づけられなく困っている人もおおいと思います
子供の教育もそうですが、最近は「褒めて伸ばす」指導方法が流行っています。難しいですよね、褒めたくても褒める個所がないという人も中には。。。ですが、そういう私も最近は少し気をつけるようにしています。私はどちらかというと「no is no」のやり方。でもこれでは駄目なのかな、と思う事確かに多くなりました。さて何でもかんでも褒めればいいのでしょうか?それは違いと私は思いますそこにはその人にあった目標設定を作り、その目標に対して頑張った、努力した、成果を出した時だけだと思います。
注意されることに慣れていない人は、まずはここが第一関門、今までこれでやってきた、何が悪いんだ!と言わんばかりの態度をどう切り崩すのか。これが上司が最初にやらなくてはいけない事。そこさえも怖がって、もしくは面倒くさがってやらない人が多すぎます
先週連載されていた日本経済新聞のリクルートの子どもたちは面白かった!
若手のモチベーションを上げるリクルート流の人材活用術、の中で「別々なのはトイレだけ。あとはすべて男性と同じだった」。というぐらいの女性も高いモチベーションを持続できたのは、ただ褒めるだけではなく、それ以前にある「「社員皆経営者主義」という確固たるプロとしての自覚があるからではないでしょうか
高速途中のSAで見たリアルな「かいこ」に似せたお菓子(笑)リアルすぎました!
see you
 2013/04/22 09:06  この記事のURL  / 


プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧