« 店を潤滑に回すために必要な事 | Main | ちゃんと教育してあげましょう! »
VMDってなんでしょう?
今月も月の三分の一出張続きで、各地でVMD講座を開催しました。先月終わりは札幌で大雪に見舞われたのが、既に桜満開で季節の移ろいの早さにびっくりです
さてVMD研修をしていつも思うのが、VMDってなに??という質問が多いこと。。というかMDってなに?という声があまりに多いことです面白いのが、定義がまちまちで、結構笑える答えも多い!例えば、MDって?という質問に「会社の本部にMDというセクションがあるので、組織の名前です」なーんてマジな顔して答えてくれる方うんうんって確かにそうですよね。。今は会社で教えてもらえる機会が少ない。仕方ないけど、店でも同じ。たまたま店長が優秀だったから教えてもらった、、という人もチラホラです
言葉は大切です。もちろん言葉の意味も同じ。念のため、記すと、VMDとはVisual Merchan Dising (ビジュアル・マーチャンダイジング)の略で、文字通り「マーチャンダイジング=商品化計画」を「ビジュアル=視覚化(目に見えるように)」することです。MD=商品政策なので、決してVMD=ディスプレイとか装飾のことではありませんよ
だからですが、私はよくこんな風に聞かれます。。「うちの店どう思います?」と、、私は即座に答えます「あなたはどうしたいの?」って、、こうしたいという意志をしっかり伝えるために有効な手段がVMDです。だから「どうしたいか」が大切です
もうすぐ新年度スタート!新入社員も入ってきます。しっかり自分の店をどうしたいか!!考えておきましょう
伊勢丹EMILIO PUCCI BEACH POP-UP。ブランドの意思が伝わる展開ですね
see you
 2013/03/25 09:18  この記事のURL  / 


プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧