« お客様を知れば答えがでる! | Main | リアル店舗だからこそ出来る事って!? »
リアル店舗の対抗策って?
21付の日本経済新聞で買い物の2割、ネット経由 自由時間の半分費やすという記事が出ていました。同日、日経MJでもネットライフ調査として、消費意識は利用ツールで差が出るという記事。面白いのがLINE利用者は衝動買いが多く、FB派「リア充」志向が強いとか・・・本当かどうかはわかりませんが、ネット経由の買い物比率がどんどんあがっているのは確かですそういう私も、都会の真ん中、家電量販店から10分圏内に住みながら、アマゾンで購入してしまう。。さて何故なんでしょう??
先日こんな事がありました。池袋の2強大型家電量販店といえばすぐわかりますが、家電が壊れたため、どうしても急ぎで購入したかったため朝10時オープンと同時に行きました。お目当ての家電があったため5分で購入カードをとりレジに直行。すぐ手持ちで帰宅出来ると思っていたところ、なんと「今在庫は当店にはありません」。。。と、在庫状況を確認するために10分も待たされ、あげくに他店からの取り寄せで最短で3日かかると言われ、泣く泣く帰宅。自宅のPCのアマゾン画面を開けるとお目当ての家電が早速注文すると最短本日中に着!!さっきわざわざ行った家電量販店でのストレス一杯の時間は何だったのかと思うと、、リアル店舗が生き残っていくのは至難の業だと消費者目線でもマジマジ考えてしまいます実はこの話しは落ちがあります。その家電量販店は先日行った時、滅茶苦茶感じ良いスタッフの方がいて満足度◎!その時はお目当ての家電が無かったのですが、接客で他の物を進められ意外に気に入り得した気分で帰りました味をしめた私は、同じ人がいると思い行ったのですが、残念ながら他の方の対応で、もう明らかに態度悪すぎ!在庫ないんだからしょうがないでしょう!と顔に出まくってました(悲)
だからなんです。リアル店舗の対抗策は現場の方の対応と店づくりしかないんです、だって在庫、品揃えでは負けちゃうんだからお願いだから顧客不満足になる対応だけはやめましょう。自分で自分の首を絞める結果です
先週フルオープンした梅田阪急。ここにはリアル店舗としてどうすればいいのかのヒントがありました
see you
 2012/11/23 16:13  この記事のURL  / 


プロフィール
沼田 明美(ぬまた あけみ)
潟kマタデザイン・アソシエイツ代表
VMDディレクター
大手婦人服専門店にて店舗開発、演出、デコレーターに従事。2000年に独立し、ビジュアル・マーチャンダイザーとして百貨店、量販店、アパレルのVMDはもとより、大手携帯電話会社や大手書店、自動車ディーラー、旅行代理店など、ファッション業界以外のクライアントも多数。
理論はもとより、店舗における実践に強く、関わった店舗の売上は必ず売れるといわれている。
また08年より、店頭で付加価値を創造する人材を紹介するための「人材紹介業」を始め、現場で働く人たちに必要なスキルを教育し、お客様に感動を与える人材を育てている。

(株)ヌマタデザイン・アソシエイツ
沼田 明美 プロフィール
最新記事
リンク集

http://apalog.com/numata/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧